Error.prototype.message

message プロパティは、人間が読めるエラーの説明です。

解説

このプロパティは、利用可能または設定されている場合、エラーの簡潔な説明を含みます。SpiderMonkey は、例外の message プロパティを広範囲に渡って使用します。name プロパティは message プロパティとの組み合わせで、Error の文字列表現を生成するために Error.prototype.toString() メソッドにより使用されます。

既定で message プロパティは空文字列ですが、この振る舞いは、 Error コンストラクターの第一引数としてメッセージを指定することにより、インスタンスを上書きできます。

独自のエラーを発生させる

var e = new Error('Could not parse input');
// e.message は 'Could not parse input'
throw e;

仕様書

仕様書
ECMAScript (ECMA-262)
Error.prototype.message の定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報