WorkerGlobalScope インターフェースの importScripts() メソッドは1つか複数のスクリプトをワーカーのスコープ内に同期的に読み込みます。

構文

self.importScripts('foo.js');
self.importScripts('foo.js', 'bar.js', ...);

パラメータ

インポートされるスクリプト示す DOMString オブジェクトのカンマ区切りのリスト。

戻り値

なし。

例外

  • NetworkError はスクリプトの一つのMIME タイプが text/csv、 image/*、 video/*、 または audio/* だった場合に発生する。MIME タイプは常に text/javascript にすべきである。

worker.js内で使用したい foo.js という別のスクリプトで書かれた機能がある場合、以下の行を使用してインポートすることができる:

importScripts('foo.js');

importScripts() と self.importScripts() は実質同じ — 両方とも importScripts() を ワーカーの内部スコープの中からコールされることを意味する。

仕様

Specification Status Comment
HTML Living Standard
importScripts() の定義
現行の標準  

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 ありIE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連

WorkerGlobalScope

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: yumemi-kuwahara
最終更新者: yumemi-kuwahara,