WorkerGlobalScope.importScripts()

importScripts()WorkerGlobalScope インターフェースのメソッドで、1つ以上のスクリプトをワーカーのスコープ内に同期的に読み込みます。

構文

self.importScripts('foo.js');
self.importScripts('foo.js', 'bar.js', ...);

引数

インポートされるスクリプト表す DOMString オブジェクトのカンマ区切りのリストです。これらは HTML 文書のベース URL からの相対パスです。

返値

なし。

例外

NetworkError
インポートされたスクリプトが妥当な JavaScript の MIME 型 (すなわち text/javascript) で提供されていなかった場合。

foo.js という別なスクリプトで書かれた機能を worker.js の内部で使用したい場合、以下のような行でインポートして使用することができます。

importScripts('foo.js');

importScripts()self.importScripts() は実質的に同じです。 — 両方とも importScripts() をワーカーの内部スコープの中から呼び出すことを表します。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
importScripts() の定義
現行の標準

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報