VTTCue


WebVTT(メディアプレゼンテーションに関するテキストトラック)を処理するための API の一部である VTTCue インターフェイスは、特定の <track> 要素に関連付けられたテキストトラックを記述および制御します。

コンストラクタ

VTTCue(startTime, endTime, text)
指定された時間範囲をカバーし、指定されたテキストを持つ、新しく作成された VTTCue オブジェクトを返します。

プロパティ

このインターフェイスは TextTrackCue からもプロパティを継承しています。

VTTCue.region
キューが描画される動画のサブ領域を説明する VTTRegion オブジェクト。 割り当てられていない場合は null
VTTCue.vertical
キューの書き込み方向を表す列挙型を返します。
VTTCue.snapToLines
VTTCue.line 属性が整数の行数または動画サイズのパーセントである場合、true を返します。
VTTCue.line
キューの行位置を返します。 これは、文字列 auto またはその解釈が VTTCue.snapToLines の値に依存する数値になります。
VTTCue.lineAlign
VTTCue.line の配置を表す列挙型を返します。
VTTCue.position
行内のキューのインデントを返します。 これは、文字列 auto または VTTCue.region のパーセントを表す数値、または VTTCue.regionnull の場合は動画サイズです。
VTTCue.positionAlign
キューの配置を表す列挙型を返します。 これは VTTCue.position が何に固定されているかを決定するために使用されます。
VTTCue.size
キューのサイズを表す double 型を動画サイズのパーセントで返します。
VTTCue.textAlign
キューボックス内のすべてのテキスト行の配置を表す列挙型を返します。
VTTCue.text
キューの内容を含む DOMString を返します。

メソッド

VTTCue.getCueAsHTML
キューのテキストを DocumentFragment として返します。

var cue = new VTTCue(2, 3, 'かっこいい文章を表示する');
var tracks = document.querySelector('video').textTracks;
tracks[0].addCue(cue);

新しいキューを作成したら、それを TextTrack に追加する必要があります。 追加すると、このキューを2秒から3秒の間に描画し、「かっこいい文章を表示する」というテキストを表示します。

仕様

仕様 状態 コメント
WebVTT: The Web Video Text Tracks Format 勧告候補  

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser