InputEvent.inputType

inputTypeInputEvent インターフェイスの読取専用プロパティで、編集可能なコンテンツの変更が行われた種別を返します。変更は例えば挿入、削除、テキスト整形などがあります。

構文

var aString = inputEvent.inputType;

入力された入力種別を含む DOMStringinsertText, deleteContentBackward, insertFromPaste, formatBold など、多くの値が考えられます。利用可能な入力種別の完全なリストは、Input Events Level 1 仕様の Attributes の章を参照してください。

この例は編集可能な <div>入力イベントinputType をログ出力します。

HTML

<p id="log">Input type: </p>
<div contenteditable="true" style="margin: 20px;padding: 20px;border:2px dashed red;">
  <p>Some sample text. Try inserting line breaks, or deleting text in different ways, or pasting different content in.</p>
  <hr>
  <ul>
    <li>A sample</li>
    <li>bulleted</li>
    <li>list.</li>
  </ul>
  <p>Another paragraph.</p>
</div>

JavaScript

const log = document.getElementById('log');
const editable = document.querySelector('div[contenteditable]');
editable.addEventListener('input', logInputType);

function logInputType(event) {
  log.textContent = `Input type: ${event.inputType}`;
}

結果

Try editing the text inside the <div> and see what happens.

: もっと詳細な例として Masayuki Nakano's InputEvent test suite も参照してください。

仕様書

仕様書 状態 備考
UI Events
inputType の定義
草案

ブラウザーの互換性