document.open

概要

document.open() メソッドは、書き込み (writing) のための文書を開きます。

構文

document.open();

// この例では、文書の内容は
// open() で再初期化された文書として 
// 上書きされます。
document.write("<html><p>remove me</p></html>"); 
document.open(); 
// 文書は空です。

注記

文書がターゲット中に存在する場合、このメソッドはそれを消去します(上記の例を参照)。

また、自動的な document.open() の呼び出しは、ページが読み込まれたあとに document.write() が呼び出されたときに発生します。しかし、それは W3C の仕様においては定義されていません。

このメソッドと window.open() を混同しないでください。document.open は、既存の文書を上書き、あるいは、追記するのを許可するメソッドであるのに対し、window.open は、既存の文書をそのままにしておいて、新しいウィンドウを開くための方法を提供するメソッドです。window は、グローバルオブジェクトなので、単に open(...) を呼び出すことは、 window.open(...) を呼び出すことと同じです。

開かれた文書は、document.close() を使って閉じることができます。

Firefox 3 における注記

Firefox 3 から、このメソッドは、他のプロパティと同様、同一生成元ポリシーに従います。document の生成元を変えようとする場合、それは動作しません。

仕様

DOM Level 2 HTML: open() Method

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: fscholz, khalid32, ethertank, Potappo
最終更新者: khalid32,
サイドバーを隠す