Document.open() メソッドは、書き込みのために文書を開きます。

構文

document.open();

// この例では、文書の内容は
// open() で再初期化された文書として 
// 上書きされます。
document.write("<html><p>remove me</p></html>"); 
document.open(); 
// 文書は空になっています。

メモ

文書がターゲット中に存在する場合、このメソッドはそれを消去します (上記の例を参照)。

また、自動的な document.open() の呼び出しは、ページが読み込まれたあとに document.write() が呼び出されたときに発生します。しかし、それは W3C の仕様においては定義されていません。 document non-spec'ed parameters to document.open

このメソッドと window.open() を混同しないでください。 document.open は、既存の文書を上書き、あるいは、追記するのを許可するメソッドであるのに対し、 window.open は、既存の文書をそのままにしておいて、新しいウィンドウを開くための方法を提供するメソッドです。 window は、グローバルオブジェクトなので、単に open(...) を呼び出すことは、 window.open(...) を呼び出すことと同じです。開かれた文書は、 document.close() を使って閉じることができます。

考え方についてはセキュリティチェックの基本を参照してください。

履歴の項目を生成させたくないのであれば、 open()open("text/html", "replace") で置き換えてください。

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
document.open() の定義
現行の標準  
Document Object Model (DOM) Level 2 HTML Specification
document.open() の定義
廃止された  

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 ありIE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明

Gecko 固有のメモ

Gecko 1.9 以降、このメソッドは他のプロパティと同一オリジンポリシーが同じになるようになり、文書のオリジンを変更しようとした場合に動作しません。

Gecko 1.9.2 以降、 document.open()プリンシパルをスタックからフェッチするのではなく、 URI を使用する文書のプリンシパルを使用します。その結果、 wrappedJSObject を使用しても、 document.write()クロームからの信頼できない文書に呼び出すことはできません。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, fscholz, khalid32, ethertank, Potappo
最終更新者: mfuji09,