Window: rejectionhandled イベント

rejectionhandled イベントは、 JavaScript の Promise が拒絶されたものの、その後で Promise の拒絶が処理された場合にスクリプトのグローバルスコープ (ふつうは window だが Worker の場合もある) に送られます。これは、 Promise が拒絶されたが拒絶の手助けがないときに送信される unhandledrejection イベントと並行して、デバッグや一般的なアプリケーションの回復に使用できます。

バブリング なし
キャンセル可能 いいえ
インターフェイス PromiseRejectionEvent
イベントハンドラープロパティ onrejectionhandled

rejectionhandled イベントを使用して、拒絶された Promise を、拒絶された理由を添えてコンソールに出力することができます。

window.addEventListener("rejectionhandled", event => {
  console.log("Promise rejected; reason: " + event.reason);
}, false);

仕様書

仕様書 状態 備考
HTML Living Standard
rejectionhandled の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
rejectionhandled eventChrome 完全対応 49Edge ? Firefox 完全対応 69
完全対応 69
完全対応 68
無効
無効 From version 68: this feature is behind the dom.promise_rejection_events.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
IE 未対応 なしOpera 未対応 なしSafari 未対応 なしWebView Android 未対応 なしChrome Android 未対応 なしFirefox Android 完全対応 68
無効
完全対応 68
無効
無効 From version 68: this feature is behind the dom.promise_rejection_events.enabled preference (needs to be set to true). To change preferences in Firefox, visit about:config.
Opera Android 未対応 なしSafari iOS 未対応 なしSamsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。
ユーザーが明示的にこの機能を有効にしなければなりません。

関連情報