MDN’s new design is in Beta! A sneak peek: https://blog.mozilla.org/opendesign/mdns-new-design-beta/

Firefox 54 for developers

Firefox 54 は、米国時間 2017 年 6 月 13 日にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 54 の変更点をまとめています。

ウェブ開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

  • ネットワーク要求の要約で、パフォーマンス解析ビューと同様に、実際に転送されたデータの量 ("転送量") を表示するようになりました (バグ 1168376)。
  • ネットワーク要求のヘッダービューで、MDN の関連ドキュメントへのリンクを追加しました (バグ 1320233)。

CSS

  • clip-path基本シェイプ をサポートしました (バグ 1247229)。
  • Firefox の CSS Flexbox と CSS alignment の実装で、align-itemsalign-selfjustify-itemsjustify-self の相互作用について更新された仕様を実装しました (バグ 1340309)。
  • type が checkbox および radio である <input>-moz-appearance: none; を設定した場合に、他のブラウザーとの互換性のため非置換要素にするようになりました (バグ 605985)。
  • 以前は、display:block を指定した HTMLInputElement 型の子要素を持つ、display: inline-block を指定した要素のベースラインが誤っていました (バグ 1330962)。この問題を修正しました。
  • Mozilla がコンテンツ専用のスレッドを (Electrolysis または e10s プロジェクトで) Firefox に導入したとき、<option> 要素へのスタイル設定機能のを一時的に削除しました。Firefox 54 より color および background-color プロパティを使用して、<option> 要素に再び前景色や背景色を設定できるようになりました。詳しくは バグ 910022 をご覧ください。Linux では、コントラストが不足するためまだ無効化していますので注意してください (進捗状況は バグ 1338283 で確認してください)。
  • CSS Animations でアニメーションが早期に終了したとき、想定どおりに animationcancel イベントが発生するようになりました (バグ 1302648)。
  • 透過色 (すなわち、アルファチャンネルが 0 である色) が、特定の状況transparent 色キーワード にシリアライズされていました。これを、仕様書や他のブラウザーの実装に従うよう修正しました。詳しくは バグ 1339394 をご覧ください。
  • 独自仕様である :-moz-table-border-nonzero 疑似クラスが、ウェブコンテンツで使用できなくなりました。Firefox 内部の UA スタイルシートのみに制限されています (バグ 1341925)。
  • [css-grid] overflow:auto を指定したコンテンツがグリッド内で重なり合う問題を修正しました (バグ 1348857)。
  • [css-grid] 固有の比率を持つ、サイズをパーセンテージで指定したグリッドアイテムに対する、Transferred min-size の寄与に関する問題を修正しました (バグ 1349320)。

JavaScript

  • "u" (Unicode) フラグと "i" (大文字・小文字を無視) フラグを設定した RegExp\b および \B は、U+017F (LATIN SMALL LETTER LONG S) および U+212A (KELVIN SIGN) を単語に使用される文字として扱うようになりました (バグ 1338373)。
  • DataView コンストラクターで、byteOffset パラメーターが Number.MAX_SAFE_INTEGER (>= 2 ** 53) の範囲外であるときに RangeError が発生するようになりました (バグ 1317382)。
  • Date.UTC() メソッドで引数が 2 個未満である場合の動作を、ECMAScript 2017 に準拠するように更新しました (バグ 1050755)。

DOM & HTML DOM

Web Workers および Service Workers

  • WorkerGlobalScope.close が、DedicatedWorkerGlobalScope および SharedWorkerGlobalScope で利用可能になりました。この変更は、service workers で使用してはならない close() を使用できないようにして、呼び出された場合は常に例外が発生します (バグ 1336043)。
  • WindowOrWorkerGlobalScope.origin プロパティを実装しました (バグ 1306170)。
  • Client.type プロパティを実装しました (バグ 1339844)。
  • Clients.matchAll()Client オブジェクトを、直近に注視した順序で返すようになりました (バグ 1266747)。
  • 新しいインスタンスを生成するために Request() へ既存の Request オブジェクトが渡されたときに見られる動作を、若干変更しました。以下の新たな動作は例外を発生しにくくするとともに、セキュリティを維持するように設計しました:
    • コンストラクターを呼び出すオリジンとは別のオリジンにこのオブジェクトが存在する場合は、Request.referrer を削除します。
    • このオブジェクトの Request.modenavigate である場合は、mode の値を same-origin に変換します。

Audio/Video

全般

Media Capture and Streams API

Web Audio API

Encrypted MediaExtensions API

  • MediaKeySession.keySystem 文字列が仕様書から削除されたため、Firefox 54 で廃止しました (バグ 1335555)。
  • Clear Key および Widevine を使用する暗号化ストリームで、VP9 コーデックをサポートしました (バグ 1338064)。
  • 以前は MSE で、システムが "十分に高速である" と思われる場合に限り WebM/VP8 動画の使用を許可していましたが、システムのパフォーマンスにかかわらず VP8 でエンコードした webm/video メディアの再生をサポートするようになりました。

WebRTC

  • Firefox 41 で追加した TCP ICE candidate のサポートを、デフォルトで有効にしました。これにより、転送に好ましい UDP ではなく TCP を使用することを ICE レイヤーが候補として検討することを可能にします。これは、UDP がブロックされている環境で役に立つでしょう (バグ 1176382)。こちらのブログ投稿 で、この機能を詳しく説明しています。

ウェブプラットフォームから廃止

CSS

  • unicode-bidi プロパティの値 isolateisolate-overrideplaintext について、-moz 接頭辞がついている値を削除しました (バグ 1333675)。

HTTP

  • Firefox 54 で、HTTP/1 のパイプラインのサポートを廃止しました。ネットワークのパフォーマンス向上が標準化された HTTP/2 や他の価値ある技術が充実した段階へ移行するにつれて、パイプラインは互換性やパフォーマンスの問題によりメンテナンスする価値がなくなります。設定項目 network.http.pipelining (および "network.http.pipelining" で始まる他の項目) は無視します。詳しくは バグ 1340655 をご覧ください。

関連情報

過去のバージョン

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: ykws, yyss
 最終更新者: ykws,