HTMLMedia​Element​.src​Object

HTMLMediaElement インターフェイスの srcObject プロパティは HTMLMediaElement に関連付けられたメディアソースを提供するオブジェクトを設定または取得します。 このオブジェクトは MediaStreamMediaSourceBlob や(Blobから派生している) File です。

: 2017年11月現在、ブラウザーは MediaStream のみをサポートしています。 MediaSourceBlob、および File の場合は、URL.createObjectURL() を使用して URL を作成し、それを HTMLMediaElement.src に割り当てる必要があります。 例として以下を参照してください。

構文

var sourceObject = HTMLMediaElement.srcObject;

HTMLMediaElement.srcObject = sourceObject;

MediaStreamMediaSourceBlobFile オブジェクト。(実際に何がサポートされているのかは互換性テーブルを確認してください。)

使用上の注意

メディアソース仕様の古いバージョンでは、オブジェクト URL を作成するために createObjectURL() を使用してから、その URL を src に設定する必要がありました。 現在は、MediaStreamsrcObject に直接設定できます。

基本的な例

この例では、メディアソースを新しく作成した <video> 要素に割り当てています。

const mediaSource = new MediaSource();
const video = document.createElement('video');
video.srcObject = mediaSource;

src プロパティへの代替をサポート

上記の例のこのバージョンは、古いバージョンのブラウザーをサポートしています。 それは srcObject をサポートしていない場合に、オブジェクト URL を作成して、それを src に割り当てる必要があります。

const mediaSource = new MediaSource();
const video = document.createElement('video');
// 古いブラウザーは srcObject を持っていないかもしれません。
if ('srcObject' in video) {
  video.srcObject = mediaSource;
} else {
  // これは消えつつあるので、新しいブラウザーで使用しないでください。
  video.src = URL.createObjectURL(mediaSource);
}

仕様

仕様 状態 コメント
HTML Living Standard
srcObject の定義
現行の標準 初回定義。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser