Client.type

Client インターフェイスの type 読み取り専用プロパティは、サービスワーカーが制御しているクライアントの種類を示します。

構文

var myClientType = client.type;

クライアントの種類を表す文字列。 値は次のいずれかです。

  • "window"
  • "worker"
  • "sharedworker"

// サービスワーカークライアント(ドキュメントなど)
function sendMessage(message) {
  return new Promise(function(resolve, reject) {
    // これは ServiceWorker.postMessage バージョンであることに注意してください
    navigator.serviceWorker.controller.postMessage(message);
    window.serviceWorker.onMessage = function(e) {
      resolve(e.data);
    };
  });
}

// 制御するサービスワーカー
self.addEventListener("message", function(e) {
  // e.source はクライアントオブジェクトです
  e.source.postMessage("こんにちは! あなたのメッセージは: " + e.data);
  // type 値も投稿してクライアントに戻しましょう
  e.source.postMessage(e.source.type);
});

仕様

仕様 状態 コメント
Service Workers
type の定義
草案 初期定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser