この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

Vary HTTP レスポンスヘッダは、オリジンサーバから新しく要求するのではなく、キャッシュされたレスポンスを使用できるかどうかを決定するために将来のリクエストヘッダをどのように一致させるかを決定します。これは、コンテンツネゴシエーションアルゴリズムでリソースの表現を選択するときにどのヘッダを使用したかを示すためにサーバによって使用されます。

The Vary header should be set on a 304 Not Modified response exactly like it would have been set on an equivalent 200 OK response.

Header type Response header
Forbidden header name no

構文

Vary: *
Vary: <header-name>, <header-name>, ...

ディレクティブ

*
Each request for a URL is supposed to be treated as a unique and uncacheable request. A better way to indicate this is to use Cache-Control: private, which is clearer to read and also signals that the object shouldn't be stored ever.
<header-name>
A comma-separated list of header names to take into account when deciding whether or not a cached response can be used.

Dynamic serving

When using the Vary: User-Agent header, caching servers should consider the user agent when deciding whether to serve the page from cache. For example, if you are serving different content to mobile users, it can help you to avoid that a cache may mistakenly serve a desktop version of your site to your mobile users. It can help Google and other search engines to discover the mobile version of a page, and might also tell them that no Cloaking is intended.

Vary: User-Agent

仕様

仕様書 タイトル
RFC 7231, セクション 7.1.4: Vary Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 ありIE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

互換性メモ

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,