CSP: script-src

HTTP の Content-Security-Policy (CSP) の script-src ディレクティブは、 JavaScript の情報なソースを指定します。これは <script> 要素の中に直接読み込まれる URL だけでなく、インラインのスクリプトイベントハンドラー (onclick) やスクリプト実行のトリガーとなりうる XSLT スタイルシートのようなものも含まれます。

CSP バージョン 1
ディレクティブ種別 フェッチディレクティブ
default-src による代替 あり。このディレクティブがない場合、ユーザーエージェントは default-src ディレクティブを探します。

構文

script-src ポリシーには、1つまたは複数のソースが許可されています。

Content-Security-Policy: script-src <source>;
Content-Security-Policy: script-src <source> <source>;

ソース

<source> can be one of the following:

<host-source>
Internet hosts by name or IP address, as well as an optional URL scheme and/or port number. The site's address may include an optional leading wildcard (the asterisk character, '*'), and you may use a wildcard (again, '*') as the port number, indicating that all legal ports are valid for the source.
Examples:
  • http://*.example.com: Matches all attempts to load from any subdomain of example.com using the http: URL scheme.
  • mail.example.com:443: Matches all attempts to access port 443 on mail.example.com.
  • https://store.example.com: Matches all attempts to access store.example.com using https:.
  • *.example.com: Matches all attempts to load from any subdomain of example.com using the current protocol.
<scheme-source>
A scheme such as http: or https:. The colon is required. Unlike other values below, single quotes shouldn't be used. You can also specify data schemes (not recommended).
  • data: Allows data: URIs to be used as a content source. This is insecure; an attacker can also inject arbitrary data: URIs. Use this sparingly and definitely not for scripts.
  • mediastream: Allows mediastream: URIs to be used as a content source.
  • blob: Allows blob: URIs to be used as a content source.
  • filesystem: Allows filesystem: URIs to be used as a content source.
'self'
Refers to the origin from which the protected document is being served, including the same URL scheme and port number. You must include the single quotes. Some browsers specifically exclude blob and filesystem from source directives. Sites needing to allow these content types can specify them using the Data attribute.
'unsafe-eval'
Allows the use of eval() and similar methods for creating code from strings. You must include the single quotes.
'unsafe-hashes'
Allows enabling specific inline event handlers. If you only need to allow inline event handlers and not inline <script> elements or javascript: URLs, this is a safer method than using the unsafe-inline expression.
'unsafe-inline'
Allows the use of inline resources, such as inline <script> elements, javascript: URLs, inline event handlers, and inline <style> elements. The single quotes are required.
'none'
Refers to the empty set; that is, no URLs match. The single quotes are required.
'nonce-<base64-value>'
An allow-list for specific inline scripts using a cryptographic nonce (number used once). The server must generate a unique nonce value each time it transmits a policy. It is critical to provide an unguessable nonce, as bypassing a resource’s policy is otherwise trivial. See unsafe inline script for an example. Specifying nonce makes a modern browser ignore 'unsafe-inline' which could still be set for older browsers without nonce support.
'<hash-algorithm>-<base64-value>'
A sha256, sha384 or sha512 hash of scripts or styles. The use of this source consists of two portions separated by a dash: the encryption algorithm used to create the hash and the base64-encoded hash of the script or style. When generating the hash, don't include the <script> or <style> tags and note that capitalization and whitespace matter, including leading or trailing whitespace. See unsafe inline script for an example. In CSP 2.0, this applied only to inline scripts. CSP 3.0 allows it in the case of script-src for external scripts.
'strict-dynamic'
The strict-dynamic source expression specifies that the trust explicitly given to a script present in the markup, by accompanying it with a nonce or a hash, shall be propagated to all the scripts loaded by that root script. At the same time, any allow-list or source expressions such as 'self' or 'unsafe-inline' are ignored. See script-src for an example.
'report-sample'
Requires a sample of the violating code to be included in the violation report.

違反例

この CSP ヘッダーがある場合、

Content-Security-Policy: script-src https://example.com/

以下のスクリプトはブロックされ、読み込みや実行が行われません。

<script src="https://not-example.com/js/library.js"></script>

なお、インラインのイベントハンドラーも同様にブロックされます。

<button id="btn" onclick="doSomething()">

これを addEventListener の呼び出しに置き換えてください。

document.getElementById("btn").addEventListener('click', doSomething);

安全ではないインラインのスクリプト

注: インラインスタイルとインラインスクリプトを禁止することは、 CSP が提供する最大のセキュリティ上の利点の一つです。しかし、どうしても使用しなければならない場合は、それらを許可する仕組みがいくつかあります。

インラインスクリプトとインラインのイベントハンドラーを許可するために 'unsafe-inline' や、インラインブロックに一致するノンスソースまたはハッシュソースを指定することができます。

Content-Security-Policy: script-src 'unsafe-inline';

上記のコンテンツセキュリティポリシーは、インラインの <script> 要素を許可します。

<script> 
  var inline = 1; 
</script>

nonce-source を使用して、特定のインラインスクリプトブロックのみ許可することができます。

Content-Security-Policy: script-src 'nonce-2726c7f26c'

同じノンスを <script> 要素に指定する必要があります。

<script nonce="2726c7f26c">
  var inline = 1;
</script>

他にも、インラインスクリプトからハッシュを生成することができます。 CSP では sha256, sha384, sha512 に対応しています。

Content-Security-Policy: script-src 'sha256-B2yPHKaXnvFWtRChIbabYmUBFZdVfKKXHbWtWidDVF8='

ハッシュを生成するとき、 <script> タグを含めないようにし、大文字小文字と、ホワイトスペース、特に前後のホワイトスペースに注意してください。

<script>var inline = 1;</script>

安全ではない eval 式

'unsafe-eval' ソース式は、文字列からコードを生成するいくつかのスクリプト実行メソッドを制御します。もし 'unsafe-eval'script-src ディレクティブで指定されていななかった場合、以下のメソッドはブロックされて何の効果も現れません。

strict-dynamic

'strict-dynamic' ソース式は、マークアップ中のスクリプトに明示的に与えられた信頼が、ノンスやハッシュを伴って、そのルートスクリプトによって読み込まれるすべてのスクリプトに伝搬されることを指定します。同時に、 'self''unsafe-inline' のようなホワイトリストやソース表現は無視されます。例えば、 script-src 'strict-dynamic' 'nonce-R4nd0m' https://whitelisted.com/ のようなポリシーでは、 <script nonce="R4nd0m" src="https://example.com/loader.js"> を指定したルートスクリプトの読み込みを許可し、 loader.js で読み込まれたすべてのスクリプトにその信頼性を伝播させますが、 https://whitelisted.com/ からのスクリプトの読み込みは、ノンスを伴っているか、信頼されたスクリプトから読み込まれたものでない限り、許可しません。

script-src 'strict-dynamic' 'nonce-someNonce'

または

script-src 'strict-dynamic' 'sha256-base64EncodedHash'

ユーザーエージェントのスニッフィングを必要とせず、後方互換性のある方法として、 strict-dynamic を指定することができます。.
以下のポリシー、

script-src 'unsafe-inline' https: 'nonce-abcdefg' 'strict-dynamic'

は、 CSP1 に対応したブラウザーでは 'unsafe-inline' https: のように動作し、 CSP2 に対応したブラウザーでは https: 'nonce-abcdefg' のように、CSP3 に対応したブラウザーでは 'nonce-abcdefg' 'strict-dynamic' のように動作します。

仕様書

仕様書 状態 備考
Content Security Policy Level 3
script-src の定義
草案 変更なし
Content Security Policy Level 2
script-src の定義
勧告 初回定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
script-srcChrome 完全対応 25Edge 完全対応 14Firefox 完全対応 23IE 未対応 なしOpera 完全対応 15Safari 完全対応 7WebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 23Opera Android ? Safari iOS 完全対応 7Samsung Internet Android 完全対応 あり
With external scriptsChrome 完全対応 59Edge 完全対応 ≤79Firefox ? IE 未対応 なしOpera ? Safari ? WebView Android 完全対応 59Chrome Android 完全対応 59Firefox Android ? Opera Android ? Safari iOS ? Samsung Internet Android 完全対応 7.0

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明

関連情報