X-Forwarded-Proto (XFP) ヘッダーは、プロキシまたはロードバランサーへ接続するのに使っていたクライアントのプロトコル (HTTP または HTTPS) を特定するために事実上の標準となっているヘッダーです。サーバーのアクセスログにはサーバーとロードバランサーの間で使われたプロトコルが含まれていますが、クライアントとロードバランサーの間で使用されたプロトコルは含まれていません。クライアントとロードバランサーの間で使用されたプロトコルを特定するには、 X-Forwarded-Proto リクエストヘッダーを使用することができます。

標準化されたヘッダーは HTTP Forwarded ヘッダーです。

ヘッダー種別 リクエストヘッダー
禁止ヘッダー名 いいえ

構文

X-Forwarded-Proto: <protocol>

ディレクティブ

<protocol>
転送されたプロトコル (http または https).

X-Forwarded-Proto: https

その他の標準外の形式:

# Microsoft
Front-End-Https: on

X-Forwarded-Protocol: https 
X-Forwarded-Ssl: on 
X-Url-Scheme: https

仕様書

現時点で、仕様書の一部ではありません。このヘッダーの標準化版は Forwarded ヘッダーです。

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応
非標準
Chrome ? Edge ? Firefox ? IE ? Opera ? Safari ? WebView Android ? Chrome Android ? Edge Mobile ? Firefox Android ? Opera Android ? Safari iOS ? Samsung Internet Android ?

凡例

実装状況不明  
実装状況不明
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, Indication
最終更新者: mfuji09,