HTTP 200 OK はリクエストが成功した場合に返すレスポンスコード。200のレスポンスはデフォルトでキャッシュしてよい。

成功したという意味はリクエストのメソッドによって異なる:

  • GET: リソースがフェッチされメッセージのボディ部で返送された。
  • HEAD: エンティティヘッダがボディ部で返送された。
  • POST: 実行された結果が記載されたリソースがボディ部で返送された。
  • TRACE: メッセージのボディ部にサーバーで受信したリクエストメッセージを含んでいる。

PUT や DELETE の成功結果は 200 OK ではなく、 204 No Content (や、リソースの初回アップロードによる作成の場合は 201 )である場合もある。

ステータス

200 OK

仕様

仕様 タイトル
RFC 7231, セクション 6.3.1: 200 OK Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザー互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 ありIE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

参照

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, yoshidashingo
最終更新者: mfuji09,