Pragma HTTP/1.0 汎用ヘッダーは、リクエスト - レスポンスチェーンに沿ってさまざまな影響を与える実装固有のヘッダです。 Cache-Control HTTP/1.1 ヘッダーがまだ存在しない HTTP/1.0 キャッシュとの下位互換性のために使用されます。

Note: Pragma は HTTP レスポンスには指定されていないため、リクエストの Cache-Control ヘッダーフィールドが省略されている場合は Cache-Control: no-cache と同じように動作しますが、一般的な HTTP/1.1 Cache-Control ヘッダーの代わりに信頼できるものではありません。Pragma は HTTP/1.0 クライアントとの下位互換性のためにのみ使用してください。

ヘッダータイプ General header, ただしレスポンスの振る舞いは指定されていないため、実装固有です。
Forbidden header name

いいえ

CORS-safelisted response-header はい

構文

Pragma: no-cache

ディレクティブ

no-cache

Cache-Control: no-cache と同じです。キャッシュされたコピーを解放する前に、キャッシュが検証のためにオリジンサーバーにリクエストを送信するようにします。

Pragma: no-cache

仕様

仕様書 タイトル
RFC 7234, セクション 5.4: Pragma Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Caching

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 ありIE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,