Pragma

Pragma は HTTP/1.0 の一般ヘッダーで、実装固有のヘッダーであり、リクエスト - レスポンスチェーンに沿ってさまざまな影響を与えます。 Cache-Control HTTP/1.1 ヘッダーがまだ存在しない HTTP/1.0 キャッシュとの下位互換性のために使用されます。

Note: Pragma は HTTP レスポンスには指定されていないため、リクエストの Cache-Control ヘッダーフィールドが省略されている場合は Cache-Control: no-cache と同じように動作しますが、一般的な HTTP/1.1 Cache-Control ヘッダーの代わりに信頼できるものではありません。Pragma は HTTP/1.0 クライアントとの下位互換性のためにのみ使用してください。

ヘッダー種別 一般ヘッダー, ただしレスポンスの振る舞いは指定されていないため、実装固有です。
禁止ヘッダー名 いいえ
CORS セーフリストレスポンスヘッダー はい

構文

Pragma: no-cache

ディレクティブ

no-cache

Cache-Control: no-cache と同じです。キャッシュされたコピーを解放する前に、キャッシュが検証のためにオリジンサーバーにリクエストを送信するようにします。

Pragma: no-cache

仕様書

仕様書 題名
RFC 7234, セクション 5.4: Pragma Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Caching

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報