HTTP の TRACE メソッドは、対象リソースまでのパスに沿ってメッセージのループバックテストを行い、便利なデバッグの仕組みを提供します。

リクエストの最終受信者は受信したメッセージを、以下に示すいくつかのフィールドを除いて、クライアントに Content-Typemessage/http に設定した 200 (OK) レスポンスの本文として返送します。最終受信者はオリジンのサーバーか、リクエストで Max-Forwards の値が0で受け取った最初のサーバーのどちらかです。

リクエストの本文 なし
成功時のレスポンスの本文 なし
安全性 なし
べき等性 あり
キャッシュ 不可
HTML フォームの使用 不可

構文

TRACE /index.html

仕様策定状況

仕様書 題名
RFC 7231, セクション 4.3.8: TRACE Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり あり あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり あり あり あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,