Referer

Referer リクエストヘッダーには、現在リクエストされているページへのリンク先を持った直前のウェブページのアドレスが含まれています。 Referer ヘッダーにより、サーバーは人々がどこから訪問しに来たかを識別し、分析、ログ、キャッシュの最適化などに利用することができます。

重要: このヘッダーには無害な用途が多数ありますが、ユーザーのセキュリティとプライバシーに望ましくない結果をもたらす可能性もあります。 詳細情報と緩和策については Referer header: privacy and security concerns を参照してください。

なお、 referer は実際には "referrer" という単語のスペルミスです。詳しくは Wikipedia の HTTP リファラを参照してください。

次のような場合は、ブラウザーは Referer ヘッダーを送信しません。

  • 参照していたリソースがローカルの "file" または "data" の URI の場合
  • 安全ではない HTTP リクエストが使用されており、それを参照しているページが安全なプロトコル (HTTPS) で受信された場合
ヘッダー種別 リクエストヘッダー
禁止ヘッダー名 はい

構文

Referer: <url>

ディレクティブ

<url>
現在リクエスト中のページにつながるリンクがある直前のページの、絶対または相対アドレスです。 URL フラグメント (つまり "#section") およびユーザー情報 ("https://username:password@example.com/foo/bar/" の "username:password" の部分) は含まれません。リファラーポリシーによっては、オリジン、パス、クエリ文字列が含まれる場合があります。

Referer: https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/JavaScript
Referer: https://example.com/page?q=123
Referer: https://example.com/

仕様書

仕様書 題名
RFC 7231, セクション 5.5.2: Referer Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報