Referer リクエストヘッダーには、現在リクエストされているページへのリンク先を持った直前のウェブページのアドレスが含まれています。 Referer ヘッダーにより、サーバーは人々がどこから訪問しに来たかを識別し、分析、ログ、キャッシュの最適化などに利用することができます。

重要: このヘッダーには無害な用途が多数ありますが、ユーザーのセキュリティとプライバシーに望ましくない結果をもたらす可能性もあります。 詳細情報と緩和策については Referer header: privacy and security concerns を参照してください。

なお、 referer は実際には "referrer" という単語のスペルミスです。詳しくは Wikipedia の HTTP リファラを参照してください。

次のような場合は、ブラウザーは Referer ヘッダーを送信しません。

  • 参照していたリソースがローカルの "file" または "data" の URI の場合
  • 安全ではない HTTP リクエストが使用されており、それを参照しているページが安全なプロトコル (HTTPS) で受信された場合
ヘッダー種別 リクエストヘッダー
禁止ヘッダー名 はい

構文

Referer: <url>

ディレクティブ

<url>
現在リクエスト中のページにつながるリンクがある直前のページの、絶対または相対アドレスです。 URL フラグメント (つまり "#section") およびユーザー情報 ("https://username:password@example.com/foo/bar/" の "username:password" の部分) は含まれません。

Referer: https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Web/JavaScript

仕様書

仕様書 題名
RFC 7231, セクション 5.5.2: Referer Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 ありIE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,