HTTP307 Temporary Redirect リダイレクトステータスレスポンスコードは、リクエストされたリソースが一時的に Location で示された URL へ移動したことを示します。

元のリクエストのメソッドと本文は、リダイレクトされたリクエストを行う際に再利用されます。使用されるメソッドを GET に変更したい場合は、代わりに 303 See Other を使用してください。これは PUT メソッドへのレスポンスで、アップロードされたリソースではないところで「XYZ のアップロードに成功しました」のような確認メッセージを表示したい場合に便利です。

307302 の唯一の違いは、 307 はリダイレクトされたリクエストが行われるときに、メソッドと本文が変更されないことが保証されることです。 302 では、一部の古いクライアントは不正にメソッドを GET に変更してしまいます。 GET 以外のメソッドと 302 による挙動はウェブで予測することができず、 307 の挙動は予測できます。 GET リクエストでは、両者の挙動は同じです。

ステータス

307 Temporary Redirect

仕様書

仕様書 題名
RFC 7231, セクション 6.4.7: 307 Temporary Redirect Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 ありIE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報

  • 302 Found: このステータスコードと同等ですが、 GET 以外の時にメソッドが変更されるかもしれない。
  • 303 See Other: 使用されるメソッドを GET に変更する一時リダイレクト。
  • 301 Moved Permanently: 永久リダイレクト

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,