Device-Memory

安全なコンテキスト用
この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

Device-Memory ヘッダーは、クライアントヒントのヘッダーのように機能する Device Memory API のヘッダーで、クライアントデバイスの RAM の概算量を表します。

ヘッダー種別 リクエストヘッダー
禁止ヘッダー名 ?

: クライアントヒントには、安全なオリジン(TLS 経由)でのみアクセスできます。 サーバーは、Accept-CH および Accept-CH-Lifetime のレスポンスヘッダーを送信することによって、クライアントから Device-Memory ヘッダーを受信することを選択する必要があります。

構文

デバイス RAM の量は、フィンガープリント変数として使用できるため、ヘッダーでの値は、誤用の可能性を減らすために意図的に粗くなっています。 ヘッダーは次の値を取ります: 0.250.51248

Device-Memory: <number>

サーバーはまず、レスポンスヘッダーとして Device-Memory を含む Accept-CHAccept-CH-Lifetime を送信することによって、Device-Memory ヘッダーを受信するように選択する必要があります。

Accept-CH: Device-Memory
Accept-CH-Lifetime: 86400

次に、後続のリクエストでクライアントは、次のように Device-Memory ヘッダーを送り返す場合があります。

Device-Memory: 1

仕様書

仕様書 状態 備考
Device Memory 1
Device-Memory の定義
編集者草案 初回定義

ブラウザーの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
Device-Memory
実験的
Chrome 完全対応 61Edge 完全対応 ≤79Firefox ? IE ? Opera 完全対応 48Safari ? WebView Android 完全対応 61Chrome Android 完全対応 61Firefox Android ? Opera Android ? Safari iOS ? Samsung Internet Android 完全対応 8.0

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。

関連情報