The HyperText Transfer Protocol (HTTP) 451 Unavailable For Legal Reasons はユーザーの要求したリソースが法的理由で使用できない場合のクライアントエラーのレスポンスコードです。

状態

451 Unavailable For Legal Reasons

このレスポンス例は IETF RFC 文書 (リンクは後述) にあるもので、モンティ・パイソンのライフ・オブ・ブライアンからの引用を例に用いています。

注: ISPや DNS サーバーなど、実際にユーザーによるリソースの使用を阻んでいる主体を示すときには rel="blocked-by" という値のついた LinkHTTP ヘッダーを使用します。

内容の削除を求める法的な請求を行った個人や組織など、リソースの使用を阻んでいる最終的な原因は、 rel="blocked-by"LinkHTTP ヘッダーではなくレスポンスの本体に記載されます。

HTTP/1.1 451 Unavailable For Legal Reasons
Link: <https://spqr.example.org/legislatione>; rel="blocked-by"
Content-Type: text/html
<html>
      <head><title>Unavailable For Legal Reasons</title></head>
      <body>
            <h1>Unavailable For Legal Reasons</h1>
            <p>This request may not be serviced in the Roman Province
            of Judea due to the Lex Julia Majestatis, which disallows
            access to resources hosted on servers deemed to be
            operated by the People's Front of Judea.</p>
     </body>
</html>

仕様

Specification Title
RFC 7725: 451 Unavailable For Legal Reasons An HTTP Status Code to Report Legal Obstacles

ブラウザ互換性

以下に示す情報は、MDNのGitHubから持ってきたものです。 (https://github.com/mdn/browser-compat-data).

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり あり あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり あり あり あり あり

See also

  • ウィキペディアにある「HTTP 451」の記事
  • ウィキペディアにある「華氏451度」の記事 (このステータスコードの由来)

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: araigumaG
最終更新者: araigumaG,