Set-Cookie

Set-Cookie は HTTP のレスポンスヘッダーで、サーバーからユーザーエージェントへクッキーを送信するために使用され、ユーザーエージェントはそれを後でサーバーに送り返すことができます。 複数のクッキーを送信するには、複数の Set-Cookie ヘッダーを同じレスポンスで送信してください。

Warning: ブラウザーは、フロントエンドの JavaScript コードが Set-Cookie ヘッダーにアクセスするのをブロックします。これは、 Fetch 仕様が Set-Cookie禁止レスポンスヘッダー名として定義しているためで、フロントエンドコードに公開されるすべてのレスポンスからフィルタリングしなければなりません。

詳細については、HTTP クッキーのガイドを参照してください。

構文

Set-Cookie: <cookie-name>=<cookie-value>
Set-Cookie: <cookie-name>=<cookie-value>; Expires=<date>
Set-Cookie: <cookie-name>=<cookie-value>; Max-Age=<number>
Set-Cookie: <cookie-name>=<cookie-value>; Domain=<domain-value>
Set-Cookie: <cookie-name>=<cookie-value>; Path=<path-value>
Set-Cookie: <cookie-name>=<cookie-value>; Secure
Set-Cookie: <cookie-name>=<cookie-value>; HttpOnly

Set-Cookie: <cookie-name>=<cookie-value>; SameSite=Strict
Set-Cookie: <cookie-name>=<cookie-value>; SameSite=Lax
Set-Cookie: <cookie-name>=<cookie-value>; SameSite=None; Secure

// 以下の例のように、複数のディレクティブも利用することができます。
Set-Cookie: <cookie-name>=<cookie-value>; Domain=<domain-value>; Secure; HttpOnly

属性

クッキーの名前とその値を定義します。 クッキーの定義は、名前と値の組で始まります。

<cookie-name> は任意の US-ASCII 文字の集合を含むことができますが、制御文字、空白、タブは例外です。 ( ) < > @ , ; : \ " / [ ] ? = { } のような区切り文字も含むことができません。

<cookie-value> は任意で二重引用符で囲むことができ、制御文字、ホワイトスペース、二重引用符、カンマ、セミコロン、バックスラッシュを除くすべての US-ASCII 文字が利用できます。

エンコーディング: 多くの実装ではクッキーの値に URL エンコーディングを施します。 しかし、 RFC の仕様書で要求されているわけではありません。 URL エンコーディングを使用すると、 <cookie-value> に許可される文字の要件を満たすのに役立ちます。

Note: 一部の <cookie-name> は特殊な意味を持ちます。

__Secure- の接頭辞: __Secure- (接頭辞にダッシュを含む) で始まるクッキー名は、 secure フラグを設定することが必要で、安全なページ (HTTPS) でなければなりません。

__Host- の接頭辞: __Host- で始まるクッキー名は、 secure フラグを設定し、安全なページ (HTTPS) から読み込む必要があり、ドメインを指定することができず (従って、サブドメインにも送られません)、パスが / である必要があります。

Expires=<date> 省略可

クッキーの有効期限を示す、 HTTP の日時タイムスタンプです。 詳細な書式は Date を参照してください。

指定されなかった場合は、クッキーはセッションクッキーの寿命になります。 セッションはクライアントが終了したときに終了するので、セッションクッキーはその時点で削除されます。

Warning: 多くのウェブブラウザーはセッション復元と呼ばれる機能を持っており、これによってすべてのタブを保存し、次回ブラウザーを起動したときに復元することができます。ブラウザーを実際には閉じていないかのように、セッションクッキーも復元されます。

有効期限が設定されていた場合、期限はサーバーではなく、クッキーが設定されているクライアントからの相対時刻で設定されます。

Max-Age=<number> 省略可

クッキーの期限までの秒数を示します。ゼロまたは負の数値の場合は、クッキーは直ちに期限切れになります。 Expires および Max-Age の両方が設定されていたら、 Max-Age が優先されます。

Domain=<domain-value> 省略可

クッキーを送信する先のホストを定義します。

指定されなかった場合は、この属性は既定で現在の文書の URL におけるホスト名の部分になり、サブドメインを含みません。

初期の仕様書とは逆に、ドメイン名の前のドット (.example.com) は無視されます。

複数のホストやドメインの値を指定することはできませんが、ドメイン指定された場合、すべてのサブドメインが常に含まれます。

Path=<path-value> 省略可

リクエストの URL に含む必要があるパスを示します。含まれていないと、ブラウザーは Cookie ヘッダーを送信しません。

スラッシュ (/) の文字はディレクトリー区切りとして解釈され、サブディレクトリーも同様に一致します。例えば、 Path=/docs である場合、

  • /docs, /docs/, /docs/Web/, /docs/Web/HTTP のリクエストパスはすべて一致します)。
  • /, /docsets, /fr/docs のリクエストパスは一致しません。
Secure 省略可

クッキーが、リクエストが SSL と HTTPS プロトコルを使用して行われた場合にのみサーバーに送信されることを示します。ただし HTTP クッキーは、例えば情報が暗号化されないなど、安全ではない仕組みを継承しているので、機密な情報や敏感な情報を転送したり格納したりしないようにしてください。

Note: Secure を設定すると、Cookie 内の機密情報 (セッションキー、ログイン情報など) へのアクセスがすべて防げると思わないでください。この属性を持つクッキーは、クライアントのハードディスクにアクセスしたり、 HttpOnly クッキー属性が設定されていない場合に JavaScript からアクセスしたりすることで、依然として読み取り/変更が可能です。

安全でないサイト (http:) では、 Secure 属性のクッキーを設定できません (Chrome 52、Firefox 52 以降)。Firefox では、Secure 属性が localhost で設定されている場合、https: の要件は無視されます (Firefox 75以降)。

HttpOnly 省略可

JavaScript が Document.cookie プロパティなどを介してこのクッキーにアクセスすることを禁止します。 なお、 HttpOnly で作成されたクッキーは、JavaScript で開始されたリクエスト、例えば、 XMLHttpRequest.send()fetch() と共に送信されます。 これにより、クロスサイトスクリプティング (XSS) 攻撃を軽減します。

SameSite=<samesite-value> 省略可

クロスサイトリクエストでクッキーを送信するかどうかを制御し、クロスサイトリクエストフォージェリ攻撃 (CSRF) に対するある程度の防御を提供します。

使用可能な属性値は以下の通りです。

Strict

ブラウザーが同一サイトのリクエストに対してのみクッキーを送信することを意味します。つまり、クッキーを設定したのと同じサイトから発信されるリクエストのことです。 リクエストが異なるドメインやスキームから発信された場合(同じドメインであっても)、 SameSite=Strict 属性のクッキーは送信されません。

Lax

画像やフレームを読み込むリクエストのようなクロスサイトリクエストではクッキーを送信しませんが、ユーザーが外部サイトから元のサイトに移動するとき(例えば、リンクをたどるとき)には送信されることを意味します。 これは SameSite 属性が指定されていない場合の既定の動作です。

None

ブラウザーがクロスサイトと同一サイトの両方のリクエストでクッキーを送信することを意味します。 この値を設定する際には、 Secure 属性も設定する必要があります。 SameSite=None; Secure のようにします。

Note: SameSite クッキーに関する標準は、最近次のように改訂されました。

  1. SameSite が指定されなかった場合のクッキー送信の動作は SameSite=Lax になりました。以前は既定ではすべてのリクエストに対して送信されていました。
  2. SameSite=None が指定されたクッキーには Secure 属性も指定されるようになりました(すなわち、安全なコンテキストが必要になりました)。
  3. 同じドメインのクッキーが異なるスキーム(http: または https:)で送信された場合、同じサイトからのクッキーとは見なされなくなりました。

下記のオプションは新しい動作を含んでいます。特定のブラウザーの実装についての情報は、ブラウザーの互換性一覧表 ("SameSite: Defaults to Lax" と "SameSite: Secure context required" の行)を参照してください。

セッションクッキー

セッションクッキーは、クライアントが終了したときに削除されます。 ExpiresMax-Age ディレクティブを指定しないと、クッキーはセッションクッキーになります。

Set-Cookie: sessionId=38afes7a8

永続的クッキー

永続的なクッキーは、特定の日付 (Expires) または特定の期間 (Max-Age) 後に削除され、クライアントが閉じられたときには削除されません。

Set-Cookie: id=a3fWa; Expires=Wed, 21 Oct 2015 07:28:00 GMT
Set-Cookie: id=a3fWa; Max-Age=2592000

不正なドメイン

オリジンのサーバーを含まないドメインに所属するクッキーは、ユーザーエージェントが拒否します

次のクッキーを originalcompany.com でホスティングされたサーバーから設定しようとすると拒否されます。

Set-Cookie: qwerty=219ffwef9w0f; Domain=somecompany.co.uk

提供するドメインのサブドメインへのクッキーは拒否されます。

以下のクッキーを example.com でホスティングされたサーバーから設定しようとすると拒否されます。

Set-Cookie: sessionId=e8bb43229de9; Domain=foo.example.com

クッキーの接頭辞

__Secure- または __Host- の接頭辞が付いたクッキー名は、安全な (HTTPS の) オリジンから secure ディレクティブを設定した場合のみ使用することができます。

加えて、 __Host- の接頭辞が付いたクッキーは、 / (ホストの任意のパスという意味) を持つ必要があり、 Domain ディレクティブを持つことができません。

Warning: クッキーの接頭辞を実装していないクライアントでは、これらの保証を受けることができず、クッキーは常に受け入れられます。

// どちらも安全な (HTTPS の) オリジンから受け入れられます
Set-Cookie: __Secure-ID=123; Secure; Domain=example.com
Set-Cookie: __Host-ID=123; Secure; Path=/

// Secure ディレクティブが無いため、拒否されます
Set-Cookie: __Secure-id=1

// Path=/ ディレクティブが無いため、拒否されます
Set-Cookie: __Host-id=1; Secure

// Domain を設定したため、拒否されます
Set-Cookie: __Host-id=1; Secure; Path=/; Domain=example.com

仕様書

Specification
HTTP State Management Mechanism
# sane-set-cookie

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

互換性のメモ

  • Chrome 52 および Firefox 52 以降、セキュリティで保護されていないサイト (http:) では、 Secure ディレクティブ付きでクッキーを設定することはできなくなりました。

関連情報