X-XSS-Protection

非標準: この機能は標準ではなく、標準化の予定もありません。公開されているウェブサイトには使用しないでください。ユーザーによっては使用できないことがあります。実装ごとに大きな差があることもあり、将来は振る舞いが変わるかもしれません。

HTTP の X-XSS-Protection レスポンスヘッダーは Internet Explorer, Chrome, Safari の機能で、反射型クロスサイトスクリプティング (XSS) 攻撃を検出したときに、ページの読み込みを停止するためのものです。サイトが強力な Content-Security-Policy を実装しており、インライン JavaScript ('unsafe-inline') の使用を無効にしている場合、これらの保護は現代のブラウザーではほとんど不要となります。

警告: この機能は、まだ CSP に対応していない古いブラウザーのユーザーを保護できるにもかかわらず、場合によっては、他の安全なウェブサイトでXSS 保護機能が XSS の脆弱性を作り出す可能性があります。詳細については、下記の節を参照してください。

メモ:

ヘッダー種別 レスポンスヘッダー
禁止ヘッダー名 いいえ

構文

X-XSS-Protection: 0
X-XSS-Protection: 1
X-XSS-Protection: 1; mode=block
X-XSS-Protection: 1; report=<reporting-uri>
0

XSS フィルタリングを無効化します。

1

XSS フィルタリングを有効化します(通常はブラウザーの既定値です)。クロスサイトスクリプティング攻撃を検知すると、ブラウザーはページをサニタイズします(安全でない部分を取り除きます)。

1; mode=block

XSS フィルタリングを有効化します。攻撃を検知すると、ページをサニタイジングするよりも、ページのレンダリングを停止します。

1; report=<reporting-URI> (Chromium only)

XSS フィルタリングを有効化します。クロスサイトスクリプティング攻撃を検知すると、ブラウザーはページをサニタイズし、攻撃レポートを作成します。レポートを送信するために、 CSP report-uri (en-US) ディレクティブ機能を利用します。

XSS フィルタリングに起因する脆弱性

あるウェブページの抜粋である以下の HTML コードを考えてみましょう。

<script>
  var productionMode = true;
</script>
<!-- [...] -->
<script>
  if (!window.productionMode) {
    // 脆弱性のあるデバッグコード
  }
</script>

このコードは、ブラウザーが XSS フィルタリングを行わない場合は、完全に安全です。しかし、もしブラウザーがフィルタリングを行い、検索クエリーが ?something=%3Cscript%3Evar%20productionMode%20%3D%20true%3B%3C%2Fscript%3E である場合、ブラウザーは無視したページ内のスクリプト <script>var productionMode = true;</script> を(URI にあったためサーバーがそれをレスポンスに記載したと思い)実行するかもしれません、 window.productionModeundefined と評価されて安全ではないデバッグコードを実行させる原因となることが考えられます。

X-XSS-Protection ヘッダーを 0 または 1; mode=block のいずれかに設定すると、上記のような脆弱性を防ぐことができます。前者はブラウザーがすべてのスクリプトを実行するようにし、後者はページがまったく処理されないようにします(ただし、この手法はウェブサイトが <iframe> に埋め込まれている場合は、サイドチャネル攻撃に対して脆弱になる可能性があります)。

XSS 攻撃が反映されたページを見つけたらその読み込みをブロックする場合。

X-XSS-Protection: 1; mode=block

PHP

header("X-XSS-Protection: 1; mode=block");

Apache (.htaccess)

<IfModule mod_headers.c>
  Header set X-XSS-Protection "1; mode=block"
</IfModule>

Nginx

add_header "X-XSS-Protection" "1; mode=block";

仕様書

仕様書や草案で定義されたものではありません。

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報