CSP: frame-src

HTTP の Content-Security-Policy (CSP) における frame-src ディレクティブは、 <frame><iframe> のような要素を使用した内部の閲覧コンテキストの読み込みに有効なソースを指定します。

CSP バージョン 1
ディレクティブ種別 フェッチディレクティブ
代替 このディレクティブがない場合、ユーザーエージェントは child-src (en-US) ディレクティブを探す (さらにこの代替は default-src ディレクティブである)。

構文

frame-src ポリシーには、 1 つ以上のソースが許可されています。

Content-Security-Policy: frame-src <source>;
Content-Security-Policy: frame-src <source> <source>;

ソース

<source> は、 CSP ソース値にあるいずれかの値を取ることができます。

なお、この同じ値のセットはすべてのフェッチディレクティブ(と 他の多くのディレクティブ)で使用できます。

違反例

この CSP ヘッダーがある場合、

Content-Security-Policy: frame-src https://example.com/

以下の <iframe> はブロックされ、読み込まれません。

<iframe src="https://not-example.com/"></iframe>

仕様書

Specification
Content Security Policy Level 3
# directive-frame-src

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報