PATCH

HTTP PATCH リクエストメソッド はリソースへの部分的変更を適用します。

HTTP PUT メソッドは、ドキュメントの完全な置換のみを許可します。PUT とは違って、PATCH はべき等ではありません。すなわち、同一の PATCH リクエストが連続しておこなわれると、異なる効果が得られる可能性があります。ただし PATCH リクエストがべき等になるようにリクエストすることは可能です。

PUT に似た PATCH は、他のリソースに副作用がある場合があります。

サーバーが PATCH をサポートしているか確認するために、応答ヘッダーのリストに Allow または Access-Control-Allow-Methods (CORS の場合) を追加することで、告知させることができます。

PATCH が許可されていることを示すもう1つの(暗黙の)指示は、サーバーが受け入れる PATCH ドキュメントの形式を指定する Accept-Patch があります。

リクエストの本文 あり
成功時のレスポンスの本文 あり
安全性 なし
べき等性 なし
キャッシュ 不可
HTML フォームforms での利用 不可

構文

PATCH /file.txt HTTP/1.1 

リクエスト

PATCH /file.txt HTTP/1.1 
Host: www.example.com
Content-Type: application/example
If-Match: "e0023aa4e"
Content-Length: 100

[description of changes]

レスポンス


成功応答は 2xx ステータスコードで示されます。

この例の場合、本文が含まれていないため 204 コードで成功応答が示されます。もし 200 コードであれば本文が含まる可能性があります。 

HTTP/1.1 204 No Content
Content-Location: /file.txt
ETag: "e0023aa4f"

仕様書

Specification Title
RFC 5789: PATCH PATCH Method for HTTP

関連情報