201 Created

HTTP の 201 Created 成功ステータスレスポンスコードは、リクエストが成功してリソースの作成が完了したことを表します。レスポンスが返される前に、新たなリソースが作成され、レスポンスメッセージの本文にて新しいリソースが返されます。その位置はリクエスト URL、または Location ヘッダーの内容となります。

このステータスコードの一般的な使用例は、 PUT リクエストの結果です。

状態

201 Created

仕様書

仕様書 題名
RFC 7231, セクション 6.3.2: 201 Created Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報