HTTP の 201 Created 成功ステータスレスポンスコードは、リクエストが成功してリソースの作成が完了したことを表します。レスポンスが返される前に、新たなリソースが作成され、レスポンスメッセージの本文にて新しいリソースが返されます。その位置はリクエスト URL、または Location ヘッダーの内容となります。

このステータスコードの一般的な使用例は、 PUT リクエストの結果です。

状態

201 Created

仕様書

仕様書 題名
RFC 7231, セクション 6.3.2: 201 Created Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザーの対応

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり あり あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり あり あり あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, k-kuwahara, yumemi-kuwahara
最終更新者: mfuji09,