この翻訳は不完全です。英語から この記事を翻訳 してください。

HTTP 201 Created successステータスは、リクエストが成功しリソースの作成が完了したことを表すレスポンスコードです。レスポンスが返される前に新たなリソースが作成され、レスポンスメッセージの本文にて新しいリソースが返されます。その位置はリクエストURLか、またはLocationヘッダーのコンテンツとなります。

このステータスコードの一般的な使用例は、PUT リクエストの結果です。

ステータス

201 Created

仕様

仕様 タイトル
RFC 7231, セクション 6.3.2: 201 Created Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザー互換性

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本サポート 有り 有り 有り 有り 有り 有り
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidIE mobileOpera AndroidiOS Safari
基本サポート 有り 有り 有り 有り 有り 有り 有り

参照

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: k-kuwahara, yumemi-kuwahara
 最終更新者: k-kuwahara,