HEAD

HTTP の HEAD メソッドは、指定されたリソースに対して HTTP GET メソッドのときと同様のヘッダーをリクエストします。これを用いることで、帯域幅を節約するために大きなリソースをダウンロードするかどうかを、事前に決定するといったことができるようになります。

HEAD メソッドへの応答には本文が含まれてはいけません。あったとしても、無視されるべきです。ただし Content-Length のような本文のコンテンツを記述する エンティティヘッダー が応答に含まれる場合があります。空のはずの HEAD 応答とは違って、GET を使用した場合には本文が返されます。

HEADリクエストの結果が、GET リクエスト後にキャッシュされたリソースが古くなっていることを示している場合、GETリクエストが行われていなくても、キャッシュは無効になります。

リクエストの本文 なし
成功時のレスポンスの本文 なし
安全性 あり
べき等性 あり
キャッシュ
HTML フォームでの使用 不可

構文

HEAD /index.html

仕様書

Specification Title
RFC 7231, セクション 4.3.2: HEAD Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
HEADChrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 ありIE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報