Access-Control-Expose-Headers レスポンスヘッダーは、レスポンスの一部としてどのヘッダーを公開するかを、その名前を列挙して示します。

デフォルトでは、6つの simple response headers のみ公開されています:

クライアントが他のヘッダーにアクセスできるようにするには、Access-Control-Expose-Headers ヘッダーを使用してクライアントをリストする必要があります。

ヘッダータイプ Response header
Forbidden header name いいえ

構文

Access-Control-Expose-Headers: <header-name>, <header-name>, ...

ディレクティブ

<header-name>
simple response headers 以外のゼロ以上のヘッダー名で構成された公開ヘッダーのリストで、リソースが使用する可能性があり公開される可能性があります。

単純でないレスポンスヘッダーを公開するには、次のように指定します。

Access-Control-Expose-Headers: Content-Length

X-Kuma-Revision のようなカスタムヘッダーをさらに表示するには、複数のヘッダーをコンマで区切って指定できます。

Access-Control-Expose-Headers: Content-Length, X-Kuma-Revision

仕様

仕様書 ステータス コメント
Fetch
Access-Control-Expose-Headers の定義
現行の標準  

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 4Edge 完全対応 12Firefox 完全対応 3.5IE 完全対応 10Opera 完全対応 12Safari 完全対応 4WebView Android 完全対応 2Chrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 4Opera Android 完全対応 12Safari iOS 完全対応 3.2Samsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

互換性メモ

  • 最新の仕様に記載されているワイルドカード値 (*) は、ブラウザではまだ実装されていません。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,