これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

Early-Data ヘッダーは中間者により設定され、リクエストが TLS 早期データで伝えられたこと、そして中間者が 425 (Too Early) ステータスコードを理解していることを示します。 Early-Data ヘッダーはリクエストの発信者 (つまり、ブラウザー) によって設定されることはりません。

ヘッダー種別 リクエストヘッダー
禁止ヘッダー名 いいえ

構文

Early-Data: 1

GET /resource HTTP/1.0
Host: example.com
Early-Data: 1

仕様書

仕様書 題名
RFC 8470, セクション 5.1: The Early-Data Header Field Using Early Data in HTTP

ブラウザーの対応

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応
実験的
Chrome ? Edge ? Firefox 完全対応 58IE 未対応 なしOpera ? Safari ? WebView Android ? Chrome Android ? Edge Mobile ? Firefox Android 完全対応 58Opera Android ? Safari iOS ? Samsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09, silverskyvicto
最終更新者: mfuji09,