Access-Control-Allow-Origin

Access-Control-Allow-Origin レスポンスヘッダーは、指定されたオリジンからのリクエストを行うコードでレスポンスが共有できるかどうかを示します。

ヘッダー種別 レスポンスヘッダー
禁止ヘッダー名 いいえ

構文

Access-Control-Allow-Origin: *
Access-Control-Allow-Origin: <origin>
Access-Control-Allow-Origin: null

ディレクティブ

*
資格情報がないリクエストでは、リテラル値 "*" をワイルドカードとして指定することができます。この値はブラウザーに、すべてのオリジンからのリクエストコードにリソースへのアクセスを許可するように指示します。資格情報がある時にワイルドカードを使用すると、エラーを返します
<origin>
オリジンを指定します。1つのオリジンだけを指定することができます。サーバーが複数のオリジンからのクライアントに対応している場合、リクエストを行った特定のクライアントのオリジンを返さなければなりません。
null
オリジンを "null" に指定します。
注: null使用しないでください。「Access-Control-Allow-Origin: "null" を返すと安全であるように見えますが、リソースのオリジンが階層的ではないスキーム (例えば data:file:) を使用しており、サンドボックス化された文書はすべて "null" となるように定義されています。多くのユーザーエージェントはそのような文書に Access-Control-Allow-Origin: "null" ヘッダーが付いているとアクセスを許可するので、あらゆるオリジンが "null" を持つ悪意のある文書を生成することができます。したがって、 ACAO ヘッダーで "null" 値を使用することは避けるべきです。」

あらゆるオリジンからのコードにリソースへのアクセスを許可するようブラウザーに指示するレスポンスには、次のような行を含めてください。

Access-Control-Allow-Origin: *

https://developer.mozilla.org のオリジンからリクエストを行うコードに対して、リソースへのアクセスを許可するようブラウザーに指示するレスポンスには、次のような行を含めてください。

Access-Control-Allow-Origin: https://developer.mozilla.org

Access-Control-Allow-Origin の値で複数のオリジンに許可を限定するには、サーバー側で Origin リクエストヘッダーの値をチェックし、許可するオリジンのリストと比較して、 Origin の値がリスト中にあれば、 Access-Control-Allow-Origin の値に Origin と同じ値を設定してください。

CORS とキャッシング

Access-Control-Allow-Origin の値が ("*" ワイルドカードではなく) 具体的なオリジンであるレスポンスをサーバーが送信する場合、レスポンスには Vary レスポンスヘッダーに Origin という値を設定して、 Origin リクエストヘッダーの値によって値が変わることをブラウザーに対して示してください。

Access-Control-Allow-Origin: https://developer.mozilla.org
Vary: Origin

仕様書

仕様書 状態 備考
Fetch
Access-Control-Allow-Origin の定義
現行の標準 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報