CSP: worker-src

HTTP の Content-Security-Policy (CSP) worker-src ディレクティブは、 Worker, SharedWorker, ServiceWorker スクリプトの有効なソースを指定します。

CSP バージョン 3
ディレクティブ種別 フェッチディレクティブ
フォールバック

このディレクティブがない場合、ユーザーエージェントはワーカーの実行を制御するとき、まず child-src (en-US) ディレクティブを探し、次に script-src ディレクティブ、そして最後に default-src ディレクティブを探します。

構文

worker-src ポリシーには 1 つ以上のソースを指定することができます。

Content-Security-Policy: worker-src <source>;
Content-Security-Policy: worker-src <source> <source>;

ソース

<source> は、 CSP ソース値にあるいずれかの値を取ることができます。

なお、この同じ値のセットはすべてのフェッチディレクティブ(と 他の多くのディレクティブ)で使用できます。

違反の場合

この CSP ヘッダーが与えられている時、

Content-Security-Policy: worker-src https://example.com/

Worker, SharedWorker, ServiceWorker はブロックされ、読み込まれません。

<script>
  const blockedWorker = new Worker("data:application/javascript,…");
  blockedWorker = new SharedWorker("https://not-example.com/");
  navigator.serviceWorker.register('https://not-example.com/sw.js');
</script>

仕様書

Specification
Content Security Policy Level 3
# directive-worker-src

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報