SourceMap HTTP レスポンスヘッダーは、生成されたコードをソースマップにリンクし、ブラウザが元のソースを再構成し、再構成されたオリジナルをデバッガに提示できるようにします。

ヘッダータイプ Response header
Forbidden header name いいえ

構文

SourceMap: <url>
X-SourceMap: <url> (deprecated)

ディレクティブ

<url>
(リクエスト URL に対する) 相対パスまたはソースマップファイルを指す絶対 URL

SourceMap: /path/to/file.js.map

仕様

仕様書 タイトル
Draft document Source Map Revision 3 Proposal

ブラウザの互換性

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応
非標準
Chrome 完全対応 あり
接頭辞付き
完全対応 あり
接頭辞付き
接頭辞付き X- のベンダー接頭辞が必要
完全対応 あり
Edge ? Firefox 完全対応 27
接頭辞付き
完全対応 27
接頭辞付き
接頭辞付き X- のベンダー接頭辞が必要
完全対応 55
IE ? Opera ? Safari 完全対応 あり
接頭辞付き
完全対応 あり
接頭辞付き
接頭辞付き X- のベンダー接頭辞が必要
完全対応 あり
WebView Android ? Chrome Android ? Edge Mobile ? Firefox Android 完全対応 27
接頭辞付き
完全対応 27
接頭辞付き
接頭辞付き X- のベンダー接頭辞が必要
完全対応 55
Opera Android ? Safari iOS ? Samsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
実装状況不明  
実装状況不明
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
非標準。ブラウザー間の互換性が低い可能性があります。
使用するには、ベンダー接頭辞または異なる名前が必要です。
使用するには、ベンダー接頭辞または異なる名前が必要です。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: silverskyvicto
最終更新者: silverskyvicto,