Reason: CORS header 'Access-Control-Allow-Origin' missing

理由

Reason: CORS header 'Access-Control-Allow-Origin' missing

何が悪いのか

CORS リクエストへのレスポンスが、リソースが現在のオリジン内で操作しているコンテンツによってアクセスできるかどうかを判断するために使われる、必須の Access-Control-Allow-Origin ヘッダーを欠いています。

サーバーを自分で制御できる場合は、要求しているサイトのオリジンを Access-Control-Allow-Origin ヘッダーの値に追加して、アクセスが許可されているドメインの一覧に追加してください。

例えば、 https://amazing.site のサイトが CORS を使用したリソースにアクセスできるよう許可するためには、ヘッダーを以下のようにしてください。

Access-Control-Allow-Origin: https://amazing.site

* を使用することで、あらゆるサイトにアクセスを許可するようサイトを構成することもできます。これは公開 API にのみ使用してください。非公開の API には * を使用するべきではなく、代わりに具体的なドメインやドメインの一覧を設定してください。加えて、ワイルドカードは crossorigin 属性が anonymous に設定された要求にのみ動作し、リクエストでは Cookie のような認証情報の送信を抑制します。

Access-Control-Allow-Origin: *

警告: ワイルドカードを使用して非公開の API にアクセスすることは、明らかに悪い考えです。

何らかのサイトが CORS リクエストを * ワイルドカードを使用することなく (たとえば認証情報を有効にする場合) 利用できるようにするには、サーバーにリクエストの Origin ヘッダーの値を読み取り、その値を Access-Control-Allow-Origin に設定することに加えて、一部のヘッダーがオリジンに応じて動的に設定されることを示すために Vary: Origin ヘッダーを設定する必要があります。

例えば Apache では、サーバー構成 (の中の <Directory>, <Location>, <Files>, <VirtualHost> のうち適切な節) に次のような行を追加してください。構成はふつう、 .conf ファイル又は (一般的な名前は httpd.confapache.conf) 又は .htaccess ファイルにあります。

Header set Access-Control-Allow-Origin 'origin-list'

Nginx では、このヘッダーを設定するコマンドは次の通りです。

add_header 'Access-Control-Allow-Origin' 'origin-list"

関連情報