Connection

Connection 一般ヘッダーは、現在のトランザクションが完了したあとも、ネットワーク接続を開いたままにするかどうかを制御します。もし送信された値が keep-alive であった場合は、接続が維持されて閉じられなくなり、同一のサーバーに送るべき後続のリクエストで再利用されます。

Warning: ConnectionKeep-Alive などの接続固有のヘッダーフィールドは、HTTP/2 では禁止されています。Chrome と Firefox は HTTP/2 レスポンスでそれらを無視しますが、Safari は HTTP/2 仕様の要件に準拠しているため、それらを含むレスポンスを読み込みません。

標準のホップバイホップヘッダー (Keep-AliveTransfer-EncodingTE (en-US)ConnectionTrailer (en-US)Upgrade (en-US)Proxy-AuthorizationProxy-Authenticate) を除き、メッセージで使用しているホップバイホップヘッダーは Connection ヘッダーに列挙する必要があります。したがって、これを解釈する最初のプロキシーはそれを消費する必要があり、その先に転送してはいけません。標準のホップバイホップヘッダーも列挙する必要があります。

ヘッダー種別 リクエストヘッダーレスポンスヘッダー
禁止ヘッダー名 yes

構文

Connection: keep-alive
Connection: close

ディレクティブ

close

クライアントあるいはサーバーが接続を閉じる意思があることを示します。これは HTTP/1.0 リクエストの既定の動作です。

カンマ区切りの HTTP ヘッダーのリスト [通常は keep-alive のみ]

クライアントが接続を開いておく意思があることを示します。接続の維持は HTTP/1.1 の既定の動作です。ヘッダー名のリストは、介在する最初の非透過プロキシーやキャッシュが削除するヘッダーの名前です。これらのヘッダーは最終的な宛先ノードではなく、送信者と最初のエンティティ間の接続の定義に使用します。

仕様書

Specification
Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Message Syntax and Routing (HTTP/1.1)
# header.connection

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser