HTTP のレスポンスコード 204 No Content は、リクエストが成功した事を示しますが、クライアントは現在のページから遷移する必要はありません。レスポンスコード 204 が返された場合は、デフォルトでキャッシュ可能になっています。そのようなレスポンスには、ETag ヘッダーが含まれています。

レスポンスコード 204 は、主に、ユーザーに表示されるコンテンツ (ページの内容) の変更が不要な、PUT リクエスト、リソースのアップデートなどに用いられます。リソースが作成される場合は、204 の代わりに、レスポンスコード 201 Created が返されます。リクエスト後にページ内容の更新が必要な場合、レスポンスコード 200 を用います。

ステータス

204 No Content

仕様

仕様 タイトル
RFC 7231, セクション 6.3.5: 204 No Content Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザー互換性

No compatibility data found. Please contribute data for "http/status" (depth: 204) to the MDN compatibility data repository.

参照

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: fscholz, dskmori, toris-birds
最終更新者: fscholz,