400 Bad Request

HyperText Transfer Protocol (HTTP) の 400 Bad Request レスポンスステータスコードは、何らかのクライアント側のエラーであると分かったために、サーバーがそのリクエストを処理しない (できない) ことを表します (例えば、リクエストの構文が正しくない、リクエストメッセージのフレーミングが無効、リクエスト経路に偽りがあるなど)。

クライアントは変更なしにこのリクエストを繰り返すべきではありません。

ステータス

400 Bad Request 

仕様書

仕様書 題名
RFC 7231, セクション 6.5.1: 400 Bad Request Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

もっと知る

一般知識