HyperText Transfer Protocol (HTTP) の 406 Not Acceptable クライアントエラー応答コードは、サーバーが要求の用意したコンテンツネゴシエーションヘッダーで定義された受付可能な値に一致する応答を生成できず、サーバーが既定の表現方法で提供することを望まないことを表します。

用意されるコンテンツネゴシエーションヘッダーには次のものがあります。

実際には、このエラーは滅多に使われません。このエラーコードが使用される代わりに、エンドユーザーには暗号的で修正するのが困難なものなので、サーバーは関連するヘッダーを無視してユーザーに実際のページを提供します。ユーザーが完全に利益にならない場合に限り、こちらのエラーコードを選択するでしょう。

サーバーがこのようなエラー状態を返してきた場合、メッセージの本文には利用できるリソースの表現の一覧を含み、ユーザーがその中から選択できるようにします。

状態

406 Not Acceptable

仕様書

仕様書 題名
RFC 7231, セクション 6.5.6: 406 Not Acceptable Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザーの対応

以下の情報は MDN の Github (https://github.com/mdn/browser-compat-data) から取得したものです。

機能ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafari
基本対応 あり あり あり あり あり あり
機能Android webviewChrome for AndroidEdge mobileFirefox for AndroidOpera AndroidiOS SafariSamsung Internet
基本対応 あり あり あり あり あり あり あり

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,