HyperText Transfer Protocol (HTTP) の 406 Not Acceptable クライアントエラーレスポンスコードは、サーバーがリクエストの用意したコンテンツネゴシエーションヘッダーで定義された受付可能な値に一致するレスポンスを生成できず、サーバーが既定の表現方法で提供することを望まないことを表します。

用意されるコンテンツネゴシエーションヘッダーには次のものがあります。

実際には、このエラーは滅多に使われません。このエラーコードが使用される代わりに、エンドユーザーには暗号的で修正するのが困難なものなので、サーバーは関連するヘッダーを無視してユーザーに実際のページを提供します。ユーザーが完全に利益にならない場合に限り、こちらのエラーコードを選択するでしょう。

サーバーがこのようなエラー状態を返してきた場合、メッセージの本文には利用できるリソースの表現の一覧を含み、ユーザーがその中から選択できるようにします。

ステータス

406 Not Acceptable

仕様書

仕様書 題名
RFC 7231, セクション 6.5.6: 406 Not Acceptable Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Semantics and Content

ブラウザーの対応

以下の情報は MDN の Github (https://github.com/mdn/browser-compat-data) から取得したものです。

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeEdge MobileAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOS 版 SafariSamsung Internet
基本対応Chrome 完全対応 ありEdge 完全対応 ありFirefox 完全対応 ありIE 完全対応 ありOpera 完全対応 ありSafari 完全対応 ありWebView Android 完全対応 ありChrome Android 完全対応 ありEdge Mobile 完全対応 ありFirefox Android 完全対応 ありOpera Android 完全対応 ありSafari iOS 完全対応 ありSamsung Internet Android 完全対応 あり

凡例

完全対応  
完全対応

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: mfuji09
最終更新者: mfuji09,