ジャンプ先:

HTTP はとても拡張性のあるプロトコルです。リソースの記述や URI などわずかな基本概念に基づいており、メッセージ構造が単純で、コミュニケーションの流れはクライアント・サーバー構造です。これらの基本概念の上に、いくつもの拡張が何年にもわたって行われ、新しい機能や新しい意味が新しい HTTP メソッドやヘッダーによって追加されています。

記事

HTTP の概要
HTTPが何であるか、そしてWebアーキテクチャにおけるプロトコルの役割について説明します。
HTTP の進化
HTTPは1990年代初めに作成され、何度も拡張されました。この記事では、HTTP/0.9、HTTP/1.0、HTTP/1.1、現代のHTTP/2、および長年にわたり導入されている小さなノベルティについての歴史を説明します。
HTTP バージョンのネゴシエーション
クライアントとサーバーが特定の HTTP バージョンをネゴシエートし、最終的に使用されたプロトコルバージョンをアップグレードする方法を説明します。
リソースと URI
Web上のリソース、識別子、および場所の概念を簡単に紹介します。
ウェブ上のリソースの識別
Webリソースの参照方法とどのように配置されるのかについて説明します。
データ URI
それが表すリソースを直接埋め込む特定の種類のURI。データURIは非常に便利ですが、いくつかの注意点があります。
リソース URL
resource: というスキームのプレフィックスが付いた URL は、Firefox と Firefox のブラウザ拡張機能によってリソースを内部的に読み込むために使用されますが、情報の一部はブラウザが接続するサイトでも利用できます。
リソースの識別と場所の分離:Alt-Svc HTTP ヘッダ
ほとんどの場合、Webリソースのアイデンティティーと場所は共有されますが、これは Alt-Svc ヘッダーで変更できます。
MIME types
HTTP/1.0 以降、異なるタイプのコンテンツを送信することができます。 この記事では Content-Type ヘッダと MIME 標準を使用してこれがどのように行われるかについて説明します。
www URL とそうでない URL の選択
www というプレフィックスのドメインを使うかどうかに関するアドバイスで、この記事では選択の結果とその作成方法について説明します。
HTTPセッションの流れ
この基本的な記事では典型的な HTTP セッションについて説明します。ブラウザのリンクをクリックすると、何が起こるのでしょうか
HTTP メッセージ
HTTP リクエストまたはレスポンス中に送信されるメッセージは、非常に明確な構造を持っています。この入門記事ではその構造、目的、可能性について説明します。
HTTP/2 でのフレームとメッセージ構造
HTTP/2 は HTTP/1.x メッセージをカプセル化し、バイナリフレームで表現します。この記事ではフレームの構造、目的、エンコード方法について説明します。
HTTP/1.x でのコネクション管理
HTTP/1.1 は持続的な接続とパイプライン処理をサポートする HTTP の最初のバージョンでした。この記事ではこれらの2つの概念について説明します。
HTTP/2 でのコネクション管理
HTTP/2 では接続の作成方法とメンテナンス方法が完全に再考されました。この記事では HTTP フレームが多重化を許可し、以前の HTTP バージョンの 'head-of-line' ブロック問題を解決する方法について説明します。
コンテンツネゴシエーション
HTTP はブラウザが好みの形式、言語、またはエンコーディングをアナウンスするための方法として Accept- から始まる一連のヘッダを導入しています。この記事ではこの宣言がどのように起こるか、サーバがどのように反応すると予想され、どのように最も適切な応答を選択するかについて説明します。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
このページの貢献者: silverskyvicto, mfuji09, cissoid
最終更新者: silverskyvicto,