ウェブ上のリソースを特定する

HTTP リクエストの対象は "リソース" と呼ばれ、その本質は細かく定義されていません。ドキュメント、写真、その他の何にでもなりえます。それぞれのリソースは、リソースを特定するために HTTP の至るところで使用される Uniform Resource Identifier (URI) で特定されます。

ウェブ上にあるリソースの身元や場所は、たいていひとつの URL (一種の URI) によって与えられます。時々、同一の URI によって身元や場所が与えられない理由が存在します。要求されたリソースについて、クライアントに別の場所へアクセスしてほしい場合に、HTTP では Alt-Svc ヘッダーを使用します。

URL と URN

URL

もっとも一般的な URI の形式は Uniform Resource Locator (URL) であり、ウェブアドレスとして知られています。

https://developer.mozilla.org
https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Learn/
https://developer.mozilla.org/en-US/search?q=URL

ブラウザーのアドレスバーに URL を入力して、URL に関連付けられているページ (リソース) を読み込むように指示できます。

URL はさまざまな部品で構成されており、必須のものと省略可能なものがあります。より複雑な URL の例は、以下のようになります:

http://www.example.com:80/path/to/myfile.html?key1=value1&key2=value2#SomewhereInTheDocument

URN

URN は、特定の名前空間内の名前によってリソースを特定する URI です。

urn:isbn:9780141036144
urn:ietf:rfc:7230

2 つの URN は以下のものに対応します:

  • George Orwell の書籍 Nineteen Eighty-Four
  • IETF 仕様書 7230、Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Message Syntax and Routing

Uniform Resource Identifiers (URI) の構文

スキームまたはプロトコル

Protocol
http:// はプロトコルです。これは、ブラウザが使用すべきプロトコルを示します。通常、HTTP プロトコルまたは安全なバージョンである HTTPS になります。ウェブではこれら2つのうちひとつを必要としますが、ブラウザーは mailto: (メールクライアントを開く) やファイル転送を扱う ftp: といったほかのプロトコルの扱い方も知っていますので、このようなプロトコルが現れても驚かないでください。主なスキームは以下のとおりです:
スキーム 説明
data Data URI
file ホスト固有のファイル名
ftp File Transfer Protocol
http/https Hyper text transfer protocol (安全)
mailto 電子メールアドレス
ssh Secure shell
tel 電話
urn Uniform Resource Names
view-source リソースのソースコード
ws/wss (暗号化された) WebSocket 接続

オーソリティ

Domaine Name
www.example.com は、名前空間を統制するドメイン名またはオーソリティです。これは、どのウェブサーバーが要求されているかを示します。代わりに IP アドレス を直接使用することもできますが、利便性が低いためウェブではあまり使用されません。

ポート

Port
:80 は、ここではポートです。これはウェブサーバー内のリソースへアクセスするために使用する、技術上の "出入口" です。ウェブサーバーがリソースへのアクセスを受け入れるために HTTP プロトコルの標準ポート (HTTP では 80、HTTPS では 443) を使用している場合、通常はポートを省略します。それ以外の場合は、ポートが必須です。

パス

Path to the file
/path/to/myfile.html は、ウェブサーバー内にあるリソースのパスです。初期のウェブではこのようなパスが、ウェブサーバー内の物理的なファイルの場所を表していました。現代のパスはたいてい物理的な実情と関係がない、ウェブサーバーによって制御される抽象的なものになっています。

クエリー

Parameters
?key1=value1&key2=value2 は、ウェブサーバーに提供する追加パラメーターです。このパラメーターは & 記号で区切られた、キーと値のペアのリストです。ウェブサーバーは、ユーザーへリソースを返す前に追加の処理を行うために、このパラメーターを使用できます。それぞれのウェブサーバーはパラメーターについて独自の規則を持っており、特定のウェブサーバーがパラメーターを扱う方法を知るために唯一信頼できる方法は、ウェブサーバーの所有者に尋ねることです。

フラグメント

Anchor
#SomewhereInTheDocument は、リソース自体の別の場所へのアンカーです。アンカーはリソース内の一種の "ブックマーク" を表しており、"ブックマーク" 地点にあるコンテンツを表示するようにブラウザーへ指示を与えます。例えば HTML ドキュメントでは、ブラウザーはアンカーが定義されている位置にスクロールします。動画や音声のドキュメントでは、ブラウザーはアンカーが示す位置への移動を試みます。 # より後の部分はフラグメント識別としても知られており、リクエストでサーバーには送信されないことは注目に値します。

https://developer.mozilla.org/en-US/docs/Learn
tel:+1-816-555-1212
git@github.com:mdn/browser-compat-data.git
ftp://example.org/resource.txt
urn:isbn:9780141036144

仕様

仕様書 Title
RFC 7230, セクション 2.7: Uniform Resource Identifiers Hypertext Transfer Protocol (HTTP/1.1): Message Syntax and Routing

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: yyss
 最終更新者: yyss,