Firefox 36 for developers

Firefox 36 は、米国時間 2015 年 2 月 24 日にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 36 の変更点をまとめています。

Web 開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

ハイライト:

Firefox 35 から Firefox 36 の間に解決した開発ツール関連のバグ一覧

CSS

HTML

  • <meta name="referrer"> をサポートしました (バグ 704320)。
  • Firefox では <input> 要素の accept 属性で指定したフィルタが未知の値、すなわち未知の MIME タイプや不正な形式の値でない限り、常にデフォルトで選択されるようになりました。以前は image/*video/*audio/* が指定された場合に限り、デフォルトで選択されていました (バグ 826185)。

JavaScript

  • ECMAScript 6 の Symbol データ型をデフォルトで有効にしました (Firefox 33 より、Nightly チャンネルでは使用できていました) (バグ 1066322):
  • イテレート可能なインターフェイスのプロパティキーのための、旧来のプレースホルダ文字列である "@@iterator" を、ES6 で周知のシンボルである Symbol.iterator に置き換えました (バグ 918828)。
  • 仕様内部の抽象的な演算である ToNumber(string) で 2 進 (0b) および 8 進 (0o) リテラルをサポートしました。これは潜在的に、ES5 からの破壊的な変更になります (バグ 1079120)。
    • Number("0b11") は、NaN ではなく 3 を返します。
    • "0o11" == 9 は、false ではなく true を返します。
  • const 宣言はブロックスコープが設定されるようになりました。また、初期化子が必要になりました (バグ 611388)。さらに、再宣言が不可になりました (バグ 1095439)。
    • {const a=1}; a;1 が返らずに ReferenceError が発生します。これはブロックスコープがあるためです。
    • const a;SyntaxError ("missing = in const declaration") が発生します。初期化子が必要です。
    • const a = 1; a = 2;SyntaxError ("invalid assignment to const a") が発生します。
  • ES7 の Array.prototype.includes メソッドを実装しました。ただし、現在は Nightly ビルドのみで有効です (バグ 1069063)。
  • let および const とともに delete 演算子を使用すると、"temporal dead zone" が発生するようになりました (バグ 1074571)。
  • 非標準の let ブロックおよび letは非推奨になり、コンソールに警告が表示されます。将来削除する予定であるため、今後は使用しないようにしてください。
  • WeakMap コンストラクタで、省略可能な引数 iterable を扱うようになりました (バグ 1092537)。

インターフェイス/API/DOM

MathML

変更なし。

SVG

変更なし。

Audio/Video

変更なし。

ネットワーク

  • SPDY/3 のサポートを廃止しました。SPDY/3.1 は引き続き使用可能です (バグ 1097944)。

セキュリティ

  • RC4 は安全でないとみなすようになり、すべての UI インジケータがそのように対応します。また SSLv3 は Firefox 34 からデフォルトで無効になっていますが、何が起きているかをユーザが理解しやすくなるように UI を変更しました (バグ 1093595)。
  • TLS の初期ハンドシェイクで RC4 を提示しないようになりました (バグ 1088915)。
  • CSP 1.1 の form-action ディレクティブをサポートしました (バグ 529697)。
  • Firefox のオプションで、Do not track の設定ウィジェットを有効/無効の切り替えに戻しました (バグ 1071747)。

アドオン開発者と Mozilla 開発者向けの変更点

Add-on SDK

ハイライト

  • sdk/test/httpd モジュールを Firefox 36 で削除しました。代わりに addon-httpd npm モジュールを使用してください。
  • sdk/ui ボタンにバッジを付加できます (バグ 994280)。
  • どこででも sdk モジュールにアクセスできるグローバル関数 require を実装しました (バグ 1070927)。使用方法は以下のとおりです:
var { require } = Cu.import("resource://gre/modules/commonjs/toolkit/require.js", {});

詳細

Firefox 35 から Firefox 36 の間に行われた GitHub コミット

JavaScript コードモジュール

XUL

変更なし。

その他

関連情報

過去のバージョン

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: Sebastianz, kohei.yoshino, yyss
 最終更新者: Sebastianz,