Navigator.share

これは実験的な機能です。本番で使用する前にブラウザー実装状況をチェックしてください。

安全なコンテキスト用
この機能は一部またはすべての対応しているブラウザーにおいて、安全なコンテキスト (HTTPS) でのみ利用できます。

Navigator.share() メソッドは、 Web Share API の一部としてのネイティブの共有メカニズムを呼び出します。Web Share API の対応がない場合、このメソッドは undefined となります。

構文

var sharePromise = window.navigator.share(data);

引数

data
シェアするデータを含むオブジェクトです。以下のフィールドのうち少なくとも一つを指定しなければなりません。利用可能なオプションは下記のとおりです:
  • url: シェアする URL を表す USVString
  • text: シェアするテキストを表す USVString
  • title: シェアするタイトルを表す USVString

返り値

ユーザーがシェア操作を完了させたときに解決する Promise。引数 data が正しく指定されなかった場合、直ちに拒否されます。

例えば、Android 版 Chrome では、返却された Promise はユーザーがシェアするアプリケーションを選択した後で解決されます。

navigator.share({
  title: document.title,
  text: 'Hello World',
  url: 'https://developer.mozilla.org',
}); // MDN の URL をシェア

仕様書

仕様書 状態 備考
Web Share API
share() の定義
ドラフト

ブラウザー実装状況

Update compatibility data on GitHub
デスクトップモバイル
ChromeEdgeFirefoxInternet ExplorerOperaSafariAndroid webviewAndroid 版 ChromeAndroid 版 FirefoxAndroid 版 OperaiOSのSafariSamsung Internet
share
実験的
Chrome 未対応 なしEdge ? Firefox 未対応 なしIE 未対応 なしOpera 未対応 なしSafari 完全対応 12.1WebView Android 未対応 なしChrome Android 完全対応 61Firefox Android 未対応 なしOpera Android 完全対応 48Safari iOS 完全対応 12.2Samsung Internet Android ?

凡例

完全対応  
完全対応
未対応  
未対応
実装状況不明  
実装状況不明
実験的。動作が変更される可能性があります。
実験的。動作が変更される可能性があります。

関連情報

navigator.canShare()