DOM improvements in Firefox 3

Firefox 3 では、特に、他のブラウザによる独自 DOM 拡張 のサポートに関するものを含む、多くの Document Object Model (DOM) 実装が追加されました。この記事は、これらの実装の一覧と詳細なドキュメントへのリンクを提供します。

  • Internet Explorer の clientTopclientLeft DOM 拡張がサポートされました。
  • window.fullScreen プロパティは、たとえ Web コンテンツから読み出されても常に正確に計算されるようになりました。以前は不正確に false を返していたでしょう。(バグ 127013)
  • getClientRectsgetBoundingClientRect DOM 拡張がサポートされました。(バグ 174397 を参照)
  • Internet Explorer の elementFromPoint DOM 拡張がサポートされました。 (バグ 199692)
  • Internet Explorer の oncutoncopyonpaste DOM 拡張がサポートされました (バグ 280959)。
  • 特権コード限定のゲッタ Node.nodePrincipalNode.baseURIObjectdocument.documentURIObject が追加されました。Chrome コードは、(XPCNativeWrapperwrappedJSObject などの) ラップされていないコンテンツオブジェクトに対して、これらのプロパティに触れては (取得または設定をしては) いけません。詳細は バグ 324464 を参照してください。
  • Web Applications 1.0 (HTML5) の getElementsByClassName() DOM メソッドがサポートされました。
  • Web Applications 1.0 (HTML5) の window.postMessage DOM メソッドがサポートされました。このメソッドは、制限された、同じドメインに限らないウィンドウ間でのクライアントサイド通信を行う選択フォームを可能にします。
  • アクセラレーションキーが押された場合、keypress イベントの charCode の値は ASCII 文字に変更されます。それ以外の場合、charCode はそのままの文字です(<kbd>Shift</kbd> 状態を除く)。Gecko Keypress Event を参照してください。

参照

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: Potappo, Mgjbot
 最終更新者: Potappo,