window.fullScreen

概要

このプロパティは、ウィンドウがフルスクリーンモードで表示されているかどうかを示します。これは、Gecko 1.9 (Firefox 3) 以降でのみ信頼することができます。以下の注記を参照してください。

構文

var isInFullScreen = windowRef.fullScreen;

このプロパティは chrome 特権モードでは読み書きできますが、それ以外では読み込み専用です。chrome 特権モード以外でこのプロパティを設定しようとすると、例外を投げることなく暗黙的に失敗することを心に留めておいてください。これは、Internet Explorer でこのプロパティを設定するように設計されたスクリプトが中断されるのを防ぐためです。

戻り値

isInFullScreen
真偽値。取り得る値は、
  • true: そのウィンドウはフルスクリーンモードです。
  • false: そのウィンドウはフルスクリーンモードではありません。

仕様

DOM Level 0。window.fullScreen は、W3C の仕様、技術勧告の一部ではありません。

注記

  • このプロパティは、Mozilla 1.9 (Firefox 3) 以降でのみ信頼することができます。Mozilla 1.8 以前にもこのプロパティは存在しますが、参照することを試みた場合、ウィンドウがフルスクリーンモードであっても、常に false を返します。 (バグ 127013).
  • 通常のウィンドウとフルスクリーンの切り替え時に、対象のウィンドウ上で "resize" イベントが発生します。

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: teoli, khalid32, ethertank, Potappo, Mgjbot, Shoot
 最終更新者: khalid32,