Element.clientLeft

要素の左境界の幅をピクセル数で表します。これは、要素の書字方向が右書きで、オーバーフローがある場合、左の垂直スクロールバーがレンダリングされると垂直スクロールバーの幅を含みます。 clientLeft は、左マージンまたは左パディングを含みません。 clientLeft は読み取り専用です。

layout.scrollbar.side 設定項目が 1 または 3 に設定されており、書字方向が RTL に設定されている場合、垂直スクロールバーは左側に配置され、これが clientLeft の計算方法に影響します。

注: このプロパティは値を整数に丸めます。小数の値が必要な場合は、 element.getBoundingClientRect() を使用してください。

注: 要素に display: inline が設定されている場合、境界の幅に関わらず clientLeft0 を返します。

構文

var left = element.clientLeft;

padding-top

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat.

Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

padding-bottom

Left Top Right Bottom margin-top margin-bottom border-top border-bottom

仕様書

Specification
CSSOM View Module (CSSOM View)
# dom-element-clientleft

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

clientLeft は MS IE DHTML オブジェクトモデルで最初に導入されました。

要素に設定された書字方向が右書きである場合の垂直スクロールバーの位置は、 layout.scrollbar.side の設定に依存します

Gecko ベースのアプリケーションは、 clientLeft を Gecko 1.9 (Firefox 3バグ 111207 による実装) から実装しました。このプロパティは Firefox 2 以前では対応していません。