mozilla

document.elementFromPoint

概要

文書の左上を基点として指定された座標上にある要素を返します。

構文

element = document.elementFromPoint(x,y);
  • element には element オブジェクトが入ります。
  • xy には取得したい要素の座標を指定してください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<title>elementFromPoint の使用例</title>

<script>
function changeColor(newColor) {
  elem = document.elementFromPoint(2, 2);
  elem.style.color = newColor;
}
</script>
</head>


<body>
<p id="para1">色は匂へど 散りぬるを……</p>
<button onclick="changeColor('blue');">blue</button>
<button onclick="changeColor('red');">red</button>
</body>
</html>

注記

指定された座標にある要素が別のドキュメント(例えば iframe 内にあるサブドキュメント) に属する場合、指定された座標にあるドキュメントの DOM 要素 (iframe) を返します。もし指定された座標にある要素が匿名あるいは textbox のスクロールバーのように XBL によって生成された内容の場合、指定された座標にある要素を基点として、匿名ではない最初の親要素(例えば textbox)が返されます。

指定された座標がドキュメントの表示外にあるか、座標のどちらかに負の値が設定されている場合は NULL を返します。

註: XUL ドキュメントからは onload イベントが発生するまでは、このメソッドを使用してはいけません。

仕様

ドキュメントのタグと貢献者

Contributors to this page: fscholz, Potappo, ethertank, Mgjbot, Shoot, Norah, khalid32
最終更新者: khalid32,
サイドバーを隠す