Gecko 35 を搭載した Firefox 35 は、米国時間 2015 年 1 月 13 日にリリースされました。このページでは、開発者に影響する Firefox 35 の変更点をまとめています。

Web 開発者向けの変更点一覧

開発者ツール

ハイライト:

Firefox 34 から Firefox 35 の間に解決した開発ツール関連のバグ一覧

CSS

HTML

  • <body>要素において廃止済みであり仕様に適合しない bottommarginleftmarginrightmargintopmargin の各属性を Quirks モード以外でも有効にしました (バグ 95530)。

JavaScript

  • let 宣言の "temporal dead zone" を実装しました。ES6 の let のセマンティクスに合わせて、以下の状況ではエラーが発生します。ニュースグループでの発表バグ 1001090 もご覧ください。
    • 関数ボディの同一スコープ内で、let を使用して既存の変数や引数を再度宣言すると構文エラーになります。
    • 関数ボディで let を使用して宣言した変数を、その宣言に到達して評価される前に使用すると、実行時エラーが発生します。
  • 最近の仕様の変更に合致するよう、ES6 の Symbols (Nightly チャンネルのみ有効) を更新しました (バグ 1042602):
    • String(Symbol("1"))TypeError が発生しないようになりました。代わりに文字列 ("Symbol(1)") が返ります (バグ 1058396)。
  • TypedArray のさまざまなコンストラクタ[[Prototype]] として、ES6 で %TypedArray% と示されている単一の関数を持つようになりました (しかし、他には直接公開されません)。各 Typed Array のプロトタイプは、%TypedArray%.prototype から継承します。(%TypedArray% および %TypedArray%.prototype は、それぞれ Function.prototype および Object.prototype から継承しますので、Typed Array のコンストラクタやインスタンスはこれらのオブジェクトに存在するプロパティを持ちます) Typed Array 関数のプロパティは %TypedArray%.prototype 上に存在して、Typed Array で動作するようになります。詳しくは TypedArrayバグ 896116 をご覧ください。
  • ES6 の、オブジェクトリテラルを使用して行うプロトタイプミューテーションを実装しました (バグ 1061853)。
    • オブジェクトリテラル構文内では、__proto__:value として指定するメンバーが 1 つだけであれば [[Prototype]] のミューテーションを行うようになりました。
    • __proto__() {} のようなメソッドメンバーは、[[Prototype]] をオーバーライトしないようになりました。

インターフェイス/API/DOM

MathML

  • 文字が重ねて置かれる場合 (例えば数学のハット記号がついた、ドットがない i) に、OpenType の dtls 機能 (デフォルト CSS スタイルシートの font-feature-settings による) が MathML 要素へ自動的に適用されるようになりました。

SVG

変更なし。

Audio/Video

変更なし。

ネットワークおよびセキュリティ

アドオン開発者と Mozilla 開発者向けの変更点

XUL およびアドオン

  • tabbrowser のプライベートなメソッドである _getTabForBrowser() が非推奨になりました。代わりに、パブリックなメソッドである getTabForBrowser を新たに追加しました。予想されているとおり、このメソッドは指定した browser を包含する tab 要素を返します。
  • Performance.now() と対等である Components.utils.now() を、window 以外の chrome コード向けに実装しました (バグ 969490)。

Add-on SDK

ハイライト

詳細

Firefox 34 から Firefox 35 の間に行われた GitHub コミット。この一覧は Aurora 移行後に上流で行われた内容が含まれていないでしょう。

Firefox 34 から Firefox 35 の間に解決したバグ。この一覧は Aurora 移行後に上流で行われた内容が含まれていないでしょう。

関連情報

過去のバージョン

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 最終更新者: kohei.yoshino,