Crypto

Crypto インターフェイスは、現在のコンテキストで利用できる基本的な暗号機能を表します。 これは、暗号強度の強い乱数生成器と暗号プリミティブへのアクセスを許可します。

注: この機能は Web Worker 内で利用可能です

ウェブ暗号 API はグローバルの crypto プロパティからアクセスすることができ、これが Crypto オブジェクトです。

インスタンスプロパティ

このインターフェイスは、 RandomSource 上に定義されたプロパティを実装します。

Crypto.subtle 読取専用 安全なコンテキスト用

ハッシュや署名、暗号化、復号など、共通の暗号プリミティブへのアクセスを提供する SubtleCrypto オブジェクトを返します。

インスタンスメソッド

このインターフェイスは、 RandomSource 上に定義されたメソッドを実装します。

Crypto.getRandomValues()

渡された TypedArray を暗号強度の強い乱数値で埋めます。

Crypto.randomUUID()

ランダムに生成された 36 文字の v4 UUID を返します。

使用上の注意

ウェブ暗号 API は、安全でないコンテキスト上で使用するのは避けるべきです。 Crypto インターフェイスが安全でないコンテキスト上に存在しいたとしてもです。 さらに、 CryptogetRandomValues() メソッドは安全でないコンテキストでも使用できますが、 subtle プロパティは使用できません。

一般的には、 Crypto は安全なコンテキストでのみ使用できるものとして扱うべきでしょう。

仕様書

Specification
Web Cryptography API
# crypto-interface

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報