File

File インターフェイスは、ファイルについての情報を提供したり、ウェブページ内の JavaScript からその内容にアクセスできるようにしたりします。

File オブジェクトは通常、 <input> 要素を使用してファイルを選択した結果として返される FileList オブジェクト、ドラッグ&ドロップ操作の DataTransfer オブジェクト、または HTMLCanvasElement 上の mozGetAsFile() API から取得します。

File オブジェクトは特別な種類の Blob オブジェクトであり、 Blob が利用できる場面ではどこでも利用できます。特に、FileReaderURL.createObjectURL()createImageBitmap() (en-US)XMLHttpRequest.send() は、BlobFile の両方を受け付けます。

詳しい情報や例は、ウェブアプリケーションからのファイルの使用 を参照してください。

コンストラクター

File()
新しく構築された File オブジェクトを返します。

インスタンスプロパティ

File.prototype.lastModified 読取専用
ファイルの最終更新時刻を、 UNIX 元期 (1970年1月1日深夜) からの経過ミリ秒数で返します。
File.prototype.lastModifiedDate 読取専用
File オブジェクトが参照しているファイルの最終更新時刻の Date を返します。
File.prototype.name読取専用
File オブジェクトが参照しているファイルの名前を返します。
File.prototype.webkitRelativePath 読取専用
File の URL の相対パスを返します。

FileBlob を実装しているので、以下のようなプロパティも利用できます。

File.prototype.size 読取専用
ファイルのサイズをバイト単位で返します。
File.prototype.type 読取専用
ファイルの MIME タイプを返します。

インスタンスメソッド

File インターフェイスはメソッドを定義せず、Blob インターフェイスからメソッドを継承しています。

Blob.prototype.slice([start[, end[, contentType]]])
ソース Blob の指定したバイト数の範囲のデータを含む新しい Blob オブジェクトを返します。
Blob.prototype.stream()
FileReadableStream に変換し、File の内容を読み込めるようにします。
Blob.prototype.text()
File をストリームに変換し、最後まで読み込みます。これは、USVString (テキスト) で解決するプロミスを返します。
Blob.prototype.arrayBuffer()
File をストリームに変換し、最後まで読み込みます。 ArrayBuffer で解決するプロミスを返します。

仕様書

仕様書 状態 備考
File API 草案 初回定義

ブラウザーの互換性

BCD tables only load in the browser

関連情報