window.clearTimeout

概要

window.setTimeout() によって設定された遅延を解除します。

構文

window.clearTimeout(timeoutID)

timeoutID は、解除したいタイマの ID です。ID は、window.setTimeout() の戻り値によって取得できます。

Web ページのコンテキストにおいて、以下のスクリプトを実行し、ページを一度クリックしてください。すぐに、メッセージがポップアップされます。絶え間なくページをクリックし続けると、その警告は決して現れません。

var alarm = {
  remind: function(aMessage) {
    alert(aMessage);
    delete this.timeoutID;
  },

  setup: function() {
    this.cancel();
    var self = this;
    this.timeoutID = window.setTimeout(function(msg) {self.remind(msg);}, 1000, "Wake up!");
  },

  cancel: function() {
    if(typeof this.timeoutID == "number") {
      window.clearTimeout(this.timeoutID);
      delete this.timeoutID;
    }
  }
};
window.onclick = function() { alarm.setup() };


注記

clearTimeout へ妥当ではない ID を渡しても、何の効果もありません(また、例外はスルーされません)。

仕様

DOM Level 0。どの標準にも属しません。

ドキュメントのタグと貢献者

タグ: 
 このページの貢献者: fscholz, jsx, ethertank, Potappo
 最終更新者: jsx,