sessionStorage プロパティで、 session Storage オブジェクトにアクセスできます。sessionStorage は Window.localStorage に似ています。唯一の違いは、localStorage に保存されたデータに期限がないのに対して、sessionStorage に保存されたデータはページのセッションが終了するときに消去されます。ページのセッションはブラウザを開いている限り、ページの再読み込みや復元を越えて持続します。新しいタブやウィンドウにページを開くと、新しいセッションが開始します。これは、セッション Cookie の動作とは異なります。

注意すべき点として、sessionStorage や localStorage はページのプロトコルに限定されます。

構文

// sessionStorage にデータを保存する
sessionStorage.setItem('key', 'value');

// sessionStorage に保存したデータを取得する
var data = sessionStorage.getItem('key');

// sessionStorage に保存したデータを削除する
sessionStorage.removeItem('key')

Storage オブジェクト。

以下のスニペットは、現在のドメインのセッション Storage オブジェクトにアクセスして、Storage.setItem() を使用してデータアイテムを追加します。

sessionStorage.setItem('myCat', 'Tom');

以下の例はテキストフィールドの内容を自動的に保存して、ブラウザが意図せず再開されたときに、記入した内容を失わないようにテキストフィールドの内容を復元します。

// 追跡するテキストフィールドを取得する
var field = document.getElementById("field");
 
// 自動保存された値があるかを確認する
// (これはページが意図せず再開された場合にのみ存在する)
if (sessionStorage.getItem("autosave")) {
  // テキストフィールドの内容を復元する
  field.value = sessionStorage.getItem("autosave");
}
 
// テキストフィールドの変更をリッスンする
field.addEventListener("change", function() {
  // セッションストレージオブジェクトに結果を保存する
  sessionStorage.setItem("autosave", field.value);
});

注記: 詳細な使用例は Web Storage API を使用する の記事を参照してください。

仕様

仕様書 策定状況 コメント
Unknown
sessionStorage の定義
不明  

ブラウザ実装状況

現在、互換性データを可読形式の JSON フォーマットに置き換えているところです。 この互換性一覧は古い形式を使っており、これに含まれるデータの置き換えが済んでいません。 手助けしていただける場合は、こちらから!

機能 Chrome Edge Firefox (Gecko) Internet Explorer Opera Safari (WebKit)
localStorage 4 (有) 3.5 8 10.50 4
sessionStorage 5 (有) 2 8 10.50 4
機能 Android Edge Firefox Mobile (Gecko) IE Phone Opera Mobile Safari Mobile
基本サポート 2.1 (有) ? 8 11 iOS 3.2

すべてのブラウザで、localStorage および sessionStorage が受け入れる容量は異なります。さまざまなブラウザのストレージ容量を報告しているページがあります。

注記: iOS 5.1 より Safari Mobile は localStorage データを cache フォルダに保存しており、概して空き容量が少ない場合に OS の要求により、時々クリーンアップを受けます。

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

このページの貢献者: Uemmra3, yyss
最終更新者: Uemmra3,