ImageData

ImageData インターフェイスは、<canvas> 要素の領域の基礎をなすピクセルデータを表します。ImageData() (en-US) コンストラクターや、canvas に関連付けられた CanvasRenderingContext2D オブジェクトの createImageData() (en-US) メソッドおよび getImageData() (en-US) メソッドによって生成されます。ImageDataputImageData() (en-US) メソッドの第 1 引数として利用可能です。

コンストラクター

ImageData() (en-US)
指定した Uint8ClampedArray と、それに含まれる画像のサイズから ImageData オブジェクトを生成します。配列を指定しない場合は、黒色の長方形の画像を生成します。worker では createImageData() (en-US) を使用できませんので、worker でこのようなオブジェクトを生成するためのもっとも一般的な手段です。

プロパティ

ImageData.data (en-US) 読取専用
RGBA の順で 0 から 255 の間の整数 (両端の値を含む) を並べたデータを持つ 1 次元配列を表す Uint8ClampedArray です。
ImageData.height (en-US) 読取専用
ImageData の実際の高さをピクセル数で表す unsigned long です。
ImageData.width (en-US) 読取専用
ImageData の実際の幅をピクセル数で表す unsigned long です。

仕様

仕様書 策定状況 コメント
HTML Living Standard
ImageData の定義
現行の標準  

ブラウザー実装状況

BCD tables only load in the browser

関連情報