ここへジャンプ:

Window.alert() メソッドは、オプションの指定されたコンテンツと OK ボタンを持つ警告ダイアログを表示します。

構文

window.alert(message);
  • message は、警告ダイアログに表示したいオプションの文字列または、文字列に変換されて表示されるオブジェクトです。

window.alert("Hello world!");

以下のように表示されます。

Image:AlertHelloWorld.png

注記

警告ダイアログは、メッセージの確認応答以外の、ユーザ側で応答を必要としないメッセージのために使われるべきです。

ダイアログボックスはモーダルウィンドウです。つまりユーザーは、これを閉じないとプログラムの他のインターフェイス部分にアクセスする事ができません。ですから、ダイアログボックス (もしくは、モーダルウィンドウ) を生成する関数を過度に使用すべきではありません。

Mozilla Chrome ユーザー (Firefox 拡張など) は、nsIPromptService メソッドを代わりに使うべきです。

46.0 以降、このメソッドは、sandbox 属性の値が allow-modal でない限り、<iframe> 内でブロックされます。

この引数は、仕様により必要に応じてオプションになりました。

仕様

仕様 状態 コメント
HTML Living Standard
alert() の定義
現行の標準  

関連情報

ドキュメントのタグと貢献者

 このページの貢献者: momdo, fscholz, jsx, ethertank, Potappo
 最終更新者: momdo,